App がアクティビティを追跡してもよいか確認してくる場合

App によるトラッキングの透明性が確保されているので、広告やデータブローカーとの情報共有といった目的で、App が他社の App や Web サイトを横断してお客様の行動を追跡できるかどうかは、お客様ご自身で決められます。 

iOS 14.5 以降、iPadOS 14.5 以降、tvOS 14.5 以降では、App が他社の App や Web サイトを横断してお客様の行動を追跡 (トラッキング) する場合、事前にお客様ご本人の許可を得ることが義務付けられています。トラッキングが行われると、個人やその所有デバイスを特定するような情報を App が収集し、その情報がターゲティング広告や広告効果測定といった目的で、他社が所有する App、Web サイト、その他の場所で収集された同一個人やその所有デバイスを特定する情報と紐付けられたり、App が収集した情報がデータブローカーと共有されたりします。App によるトラッキングとその他のプライバシー管理について詳しくは、こちらを参照してください。

 

App がアクティビティを追跡してもよいか確認してくる場合

あなたのアクティビティを追跡してもよいかたずねるメッセージが表示されたら、「許可」または「App にトラッキングしないように要求」をタップします。App によるアクティビティの追跡を許可したかどうかにかかわらず、その App の機能はすべて支障なく使えます。

App のデベロッパは、このメッセージを一部編集して、App がアクティビティを追跡する理由を書き添えることができます。App Store の App の製品ページでも、App のデベロッパが個人情報をどのように取り扱うのか詳しい情報を見ることができます。

「App にトラッキングしないように要求」を選択した場合、App のデベロッパはシステムの広告 ID (IDFA) にアクセスできません。この IDFA は、トラッキングによく使われます。また、個人やそのデバイスを特定するその他の情報 (メールアドレスなど) を使って、アクティビティを追跡することも、App には認められません。

アクティビティのトラッキング許可を管理する

気が変わったらいつでも、App にアクティビティのトラッキングの許可を与えるかどうかを変更できます。

  1. 「プライバシー」設定で、アクティビティを追跡してもよいか許可を求めてきた App のリストを確認します。iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「プライバシー」>「トラッキング」の順に選択します。Apple TV では、「設定」>「一般」>「プライバシー」>「トラッキング」の順に選択します。
  2. 個々の App に対して、トラッキングを許可するかどうか、タップしてオン/オフを切り替えます。

プライバシー設定で「App からのトラッキング要求を許可」をオフにした場合、アクティビティを追跡したいというメッセージが App で表示されなくなります。この設定がオフの間に App がトラッキングの許可を求めてきた場合、その各 App は、「App にトラッキングしないように要求」をタップした場合と同様に処理されます。これまでにトラッキングを許可したすべての App に対し、アクティビティのトラッキングを停止するという選択肢もあります。または、これまでに許可を与えた App にだけ、引き続きアクティビティのトラッキングを認めることもできます。 

場合によっては、たとえば以下に該当する場合などは、「App からのトラッキング要求を許可」設定が無効になります。

  • お子様用アカウントを使っているユーザまたは 18 歳未満 (生まれ年で計算) のユーザが自分の Apple ID でサインインしている場合*
  • お使いの Apple ID が教育機関や企業によって管理されている場合
  • デバイスが管理されていて、トラッキングを制限する構成プロファイルを使っている場合
  • お使いの Apple ID が 3 日以内に作成されたものである場合

上記に該当する場合、トラッキングの許可を求めてくる App はすべてデフォルトでアクセスを却下され、IDFA も受信しません。アカウントやデバイスの状況が変わり、その後ユーザ本人が「App からのトラッキング要求を許可」を有効にすることを選んだ場合は、次回 App がトラッキングを要求してきた際に、許可を求めるメッセージが表示されるようになります。

 

 

* お子様用アカウントの年齢設定は、国や地域によって異なります。

 

公開日: