iPhone や iPad で撮影した HDR ビデオを編集する

Clips、iMovie、Final Cut Pro などの Apple 製の App を使って、特定のモデルの iPhone や iPad で撮影したドルビービジョンのハイダイナミックレンジ (HDR) ビデオを編集したり共有したりできます。

iPhone 12、iPhone 13、一部のモデルの iPad では、ドルビービジョンの HDR でビデオを撮影できます。デバイスが HDR ビデオを撮影する設定になっているか確かめるには、「設定」>「カメラ」>「ビデオ撮影」の順に選択し、「HDR ビデオ」がオンになっているか確認してください。

お使いのデバイスが HDR ビデオの再生や撮影に対応しているかどうか確認するには、iPhone のモデルiPad のモデルを調べるか、仕様を確認してください。

iPhone や iPad での HDR ビデオの再生と撮影について詳しくは、こちらを参照してください。

iPhone や iPad の Clips で HDR ビデオを編集する

Clips App を使って、新しいプロジェクを作成して、App の中から直接 HDR ビデオを撮影するか、デバイスで撮影した HDR ビデオクリップを読み込みます。

Clips App の使い方については、こちらを参照してください。


iPhone や iPad の iMovie で HDR ビデオを編集する

iOS および iPadOS 用の iMovie では、デバイスで撮影した HDR ビデオを iMovie プロジェクトに追加できます。ムービーを共有するときに「オプション」をタップし、「HDR」をオンにしてから、HDR で書き出してください。ムービーの標準ダイナミックレンジ (SDR) バージョンを共有する場合は、「HDR」をオフにしておきます。

iPhone で iMovie を使う方法については、こちらを参照してください。

iPad で iMovie を使う方法については、こちらを参照してください。


Mac の iMovie で HDR ビデオを編集する

Mac の iMovie バージョン 10.2 以降では、HDR ビデオを iMovie プロジェクトに読み込めます。以前のバージョンの iMovie で読み込んだ HDR ビデオは、読み込み直さないと適切に表示されません。iMovie からは SDR で共有できます。

macOS 用 iMovie のプロジェクトを HDR で共有するには、iMovie プロジェクトを Final Cut Pro に書き出してから、Final Cut Pro を使って共有する必要があります。ムービーを Final Cut Pro に送信すると、プロジェクトファイルとそのプロジェクトで使われているメディアが Final Cut Pro ライブラリにコピーされます。Final Cut Pro または Final Cut Pro トライアル版を Mac にインストールしてください。その後、iMovie で「ファイル」>「ムービーを Final Cut Pro に送信」を選択します。Final Cut Pro からプロジェクトを共有するには、以下の Final Cut Pro のセクションの手順を実行してください。

Final Cut Pro に iMovie プロジェクトを送信する方法については、こちらを参照してください。


Mac の Final Cut Pro で HDR ビデオを編集する

  1. 新しい Final Cut Pro ライブラリを作成し、ライブラリの色処理を「Wide Gamut HDR」に設定します。
  2. iPhone で撮影した HDR ビデオを読み込みます。iPhone から直接、または写真 App から HDR ビデオを読み込めます。
  3. 新しいプロジェクトを作成し、プロジェクトの色空間を「Wide Gamut HDR - Rec. 2020 HLG」に設定します。
  4. プロジェクトを編集します。
  5. 最高画質になるように、ビデオコーデックを HEVC 10 ビットに設定して HLG マスターファイルを書き出すか、Apple 製デバイスに共有します。

Final Cut Pro から HDR プロジェクトを YouTube で共有する

HDR バージョンのプロジェクトを YouTube にアップロードしたい場合は、HLG マスターファイルを書き出すか、Apple デバイスに共有してから、Safari などの Web ブラウザでそのビデオファイルを YouTube にアップロードします。

公開日: