iPhone、iPod touch、Apple Watch のヘッドフォン通知

7 日間累計のオーディオの曝露量が推奨限度に達すると、音量を下げた方がいいという通知が届きます。

国や地域によっては、規制や安全基準により、ヘッドフォン通知をオフにできない場合があります。

ヘッドフォン通知のオン/オフを切り替える

  1. iPhone または iPod touch で設定 App を開きます。
  2. 「サウンドと触覚」をタップし、「ヘッドフォンの安全性」をタップします。
  3. 「ヘッドフォン通知」のオン/オフを切り替えます。

また、「大きな音を抑える」をオンにしておくと、設定しておいたデシベルレベルを上回った場合にヘッドフォンの音量が自動的に下がります。

 

ヘッドフォンの通知と音量について

ヘッドフォンで長時間大音量でオーディオを聴き続けると、聴覚に支障が出るおそれ (難聴になるリスク) があります。「ヘッドフォン通知」は、聴覚に支障をきたすほどの大音量で長時間オーディオを聴き続けた場合、たとえば、過去 7 日間で 80 デシベル (dB) 超の音を合計 40 時間聴き続けた場合などに通知してくれます。

ヘッドフォンの着用時に 7 日間の曝露限度の 100 % を上回ると、iPhone、iPod touch、Apple Watch が教えてくれるようになりました*。こうした通知は、普段のリスニング習慣をあらためて自覚するきっかけになり、聴覚保護を意識づけることにもなります。通知が届くとチャイム音が鳴り、音量を下げるように案内されます。通知の受信後、次回ヘッドフォンを直接接続する際や、Bluetooth で接続する際に、音量は自動的に低く設定されます。ご希望なら、音量を元通りに上げることもできます。

* 7 日間の曝露限度は、メディアオーディオにのみ適用されます。通話時の音量は、ヘッドフォンの音量曝露としては換算されません。

 

通知を確認する

  1. iPhone または iPod touch でヘルスケア App を開きます。
  2. 「ブラウズ」タブをタップし、「聴覚」をタップします。
  3. 「ヘッドフォン通知」をタップします。

リアルタイムのヘッドフォン音量を確認する

いつでもその時点のヘッドフォン音量を調べて、安全な音量範囲に収まっているかどうかを確かめることができます。

  • Apple Watch では、上にスワイプしてコントロールセンターを開いて、「聴覚」アイコン をタップします。
  • iPhone または iPod touch では、画面の右上隅から下にスワイプして、「聴覚」アイコン をタップします。

関連情報

公開日: