Pages、Numbers、Keynote でメデイアファイルが見つからない場合や破損した場合

画像、ムービー、オーディオファイルがなくなったり破損したりした場合は、同じファイルのコピーや別のファイルに差し替えて対処できます。

書類、スプレッドシート、プレゼンテーションの中の画像ファイル、ムービーファイル、オーディオファイルが破損したり見当たらなくなったりした場合、同じ書類をほかの人と共同制作している場合は特に、ファイルを差し替えて対処しましょう。書類のメディアファイルが見つからない場合や破損している場合は、その書類を開いたときに、所在不明なファイルや破損ファイルをリストにまとめたウインドウが開きます。

ファイルが破損していることは、書類の中で表示される様子からわかります。

  • 破損したファイルは、オリジナルよりも低い解像度で表示されます。
  • 破損した画像で塗りつぶした箇所は、格子縞で塗りつぶしたように見えます。
  • ビデオが破損しているか所在不明の場合、ポスターフレームのような見かけになり、再生はできません。
  • 破損したオーディオファイルは、オーディオアイコンとして表示され、再生はできません。 

所在不明になっているか破損しているメディアファイルが共有の書類に追加されている場合は、書類の共有をいったん停止してからファイルを差し替えてください。

iPhone、iPad、iPod touch でメディアファイルを差し替える

画像やムービーが見つからないか破損している場合、そのファイルを差し替えれば、書類のレイアウトをそのまま維持できます。また、そうしておけば、古いバージョンの App を使っているメンバーでも、共同制作を続けられます。

  1. 警告ウインドウで、所在不明ファイルまたは破損ファイルの警告の横にあるボタンをタップし、書類、スプレッドシート、またはプレゼンテーションの中の該当ファイルの場所に移動します。
    警告ウインドウを閉じてしまった場合は、「詳細」ボタンをタップし、「警告を表示」をタップしてください。
  2. 画像、ムービー、所在不明ファイルの警告、ポスターフレーム、またはその他のファイルの痕跡をタップし、「フォーマット」ボタンをタップします。
  3. 「イメージ」または「ムービー」をタップし、使いたい写真またはムービーを選択します。

オーディオファイルが見つからないか破損している場合は、そのファイルを削除してから、再び追加してください。書類、スプレッドシート、プレゼンテーションで直接オーディオを録音した場合は、ファイルを削除し、オーディオを録音し直してください。

Mac でメディアファイルを差し替える

画像、ビデオ、オーディオファイルが見つからない場合や破損している場合は、ファイルを差し替えれば、書類のレイアウトをそのまま維持できます。

  1. 警告ウインドウで、所在不明ファイルまたは破損ファイルの警告の横にあるボタンをクリックし、書類、スプレッドシート、またはプレゼンテーションの中の該当ファイルの場所に移動します。
    警告ウインドウを閉じてしまった場合は、「表示」>「警告を表示」の順に選択してください。
  2. 書類、スプレッドシート、またはプレゼンテーションの中で、画像、ムービー、所在不明ファイルの警告、ポスターフレーム、またはその他のファイルの痕跡を選択します。
  3. 「フォーマット」ボタン をクリックし、インスペクタで「イメージ」または「ムービー」をクリックします。
  4. 「置き換える」をクリックし、使いたいファイルを探して「開く」をクリックします。

書類、スプレッドシート、プレゼンテーションで直接オーディオを録音した場合は、ファイルを削除し、オーディオを録音し直してください。

iCloud.com (オンライン) で画像を差し替える

iCloud.com でオンライン版の Pages、Numbers、Keynote をお使いの場合は、画像ファイルを差し替えることができます。

  1. 書類、スプレッドシート、またはプレゼンテーションの中の画像を選択します。
  2. 「フォーマット」ボタン をクリックし、インスペクタで「イメージ」をクリックします。
  3. 「置き換え」をクリックし、使いたいファイルを探して「開く」をクリックします。
公開日: