Apple One のサブスクリプションに登録していて、iCloud に違う Apple ID を使っている場合

iCloud 用とメディアのサブスクリプションや購入用とで違う Apple ID を使い分けている場合、Apple One に登録する際に、iCloud+ のストレージや機能を適用する Apple ID を選べます。

Apple One は、最大 6 つの Apple のサービスが 1 つにまとまった、使いやすいサブスクリプションです。Apple ID を 1 つしか使っていない場合は、Apple One のすべてのサービスがそのアカウントに自動的に適用されます。iCloud 用の Apple ID とメディアの購入やサブスクリプション用の Apple ID を使い分けている場合は、Apple One のサブスクリプションに付いている iCloud のストレージと機能は、メディアの購入やサブスクリプションに使っているアカウントに自動的に適用されます。この設定を変更するには、「設定」を開いて別のアカウントを選択してください。


iPhone に選択可能なアカウントが 2 つ表示されているところ。

Apple One の設定時に Apple ID を選択する

Apple One に登録する際に、iCloud+ の機能やストレージで使う Apple ID を選択するように案内されます。

  1. このメッセージの「"設定" で変更」を選択します。
  2. 使いたいメールアドレスを選択し、「このアカウントを使用する」をタップします。場合によっては、デバイスで iCloud にサインインする必要があります。
  3. 「確認」をタップします。 

iCloud+ の機能とストレージを別の Apple ID に適用する

いつでも「設定」を開いて、Apple One に付いている iCloud+ の機能とストレージで使う Apple ID を選択できます。

  1. 「設定」を開きます。
  2. ユーザ名をタップし、「サブスクリプション」をタップします。
  3. 「Apple One」をタップし、「iCloudストレージアカウントの管理」をタップします。
  4. 使いたいメールアドレスを選択し、「このアカウントを使用する」をタップします。
  5. 「確認」をタップします。

関連情報

  • すでに有料の iCloud+ をご利用で、Apple One に付いてくる iCloud ストレージを iCloud 用の Apple ID に適用した場合、それまで使っていたストレージプランが Apple One に付属のストレージで置き換えられます。既存の iCloud+ プランは解約されます。
  • Apple One に付いてくる iCloud+ の機能やストレージを iCloud 用のアカウントに適用してから、iCloud+ プランを後からアップグレードした場合、Apple One に付属のストレージの適用先はメディアの購入やサブスクリプションに使っているほうの Apple ID に戻ります。
公開日: