iPhone で 5G を使う

iPhone 13 モデル、iPhone 12 モデル、iPhone SE (第 3 世代) では、一部の通信事業者の 5G モバイル通信ネットワークを利用できます。5G のモバイル通信サービスの利用方法をご案内します。

必要なもの

新しい iPhone に物理的な SIM または eSIM が付いている場合は、その SIM を使いましょう。付属していない場合は、以前使っていた iPhone の SIM カードを使います。場合によっては、通信事業者に問い合わせて、以前使っていた iPhone の SIM カードで 5G ネットワークを使えるように設定してもらう必要があります。

ステータスバーに表示される 5G のアイコンについて

ご契約の通信事業者の 5G サービスエリア内にいる場合、5G のモバイル通信プランのアクティベーション (利用開始手続き) が済んでいれば、iPhone のステータスバーに 5G のアイコンが表示されます。

5G:5G のステータスバーアイコン。
通信事業者の 5G ネットワークの対応エリア内にいるので、iPhone でそのネットワークを使ってインターネットに接続できます (国や地域によっては利用できない場合があります)。2


通信事業者の 5G+、5G UW、または 5G UC ネットワークの対応エリア内にいます。通信事業者の 5G の高周波数帯も使える場合があります。iPhone でそのネットワークを使ってインターネットに接続できます (国や地域によっては利用できない場合があります)。2

ステータスバーに 5G のアイコンが表示されない場合は、こちらを参照してください。

5G のオプションについて

iPhone の 5G のデフォルト設定は、バッテリーの駆動時間と、データプランに応じたデータ利用量が最適になるように考慮して設定されています。それらのオプションをカスタマイズして、いつ 5G を使うのかや、一部の App でどの程度データ通信を利用するかを自分で決められます。

これらのオプションは、「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」で確認できます。デュアル SIM をご利用の場合は、「設定」>「モバイル通信」で、オプションを変更したい番号を選択してください。

「音声通話とデータ」環境設定のスクリーンショット

音声通話とデータ

iPhone で 5G ネットワークをどのように使うかを選択します。選んだオプションに応じて、バッテリーの持ち具合が変わる場合があります。

  • 5G オート:スマートデータモードを有効にします。5G の速度にしても際立った成果が見られない場合は、LTE に自動的に切り替わるので、バッテリーの節約になります。
  • 5G オン:5G ネットワークのエリア内にいる場合は常に 5G を使います。バッテリーの持ちが悪くなる可能性があります。
  • LTE:5G のエリア内でも、LTE ネットワークしか使いません。

中国本土では、「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」>「音声通話とデータ」を表示して、「5G スタンドアローン」のオン/オフを切り替えることができます。中国本土の iOS 14.5 以降を搭載した iPhone では、デフォルトの設定で「5G スタンドアローン」がオンになっています。「5G スタンドアローン」がオンの場合、モバイル通信を利用するすべての場面で 5G が使われます。5G ネットワークについて詳しくは、通信事業者にお問い合わせください。


「データモード」環境設定のスクリーンショット

データモード

  • 5G でより多くのデータを許容:App やシステムタスクで、データ通信量の比較的多い機能を利用できるようにします。たとえば、高画質での FaceTime、Apple TV の HD コンテンツ、Apple Music の曲やビデオ、モバイルデータ通信での iOS アップデート、自動 iCloud バックアップなどが該当します。
    • この設定がオンの場合、よく利用するネットワークで Wi-Fi の接続速度が遅い場合や安定しない場合、iPhone は自動的に Wi-Fi の代わりに 5G を使います。特定のネットワークに対してこの機能のオン/オフを切り替えるには、「設定」>「Wi-Fi」の順に選択します。Wi-Fi ネットワークの横にある情報ボタンをタップし、「インターネットに Wi-Fi を使用」をタップします。
    • 他社製の App でもデータ通信量を増やせるので、体験の幅が広がります。 
    • 通信事業者によっては、一部のデータ無制限プランでこれがデフォルトの設定になっています。 
    • この設定にすると、モバイルデータ通信量が増えます。
  • 標準:自動アップデートやバックグラウンドタスクにはモバイルデータ通信を利用し、ビデオや FaceTime には標準画質の設定を使用します。一般には、これがデフォルトのモードです。
  • 省データモード:自動アップデートやバックグラウンドタスクを一時停止して、Wi-Fi やモバイルデータ通信の使用量を減らします。

データローミング

世界各国の多数の通信事業者が、5G ローミングに対応しています。ご利用の通信事業者が 5G ローミングに対応していない場合は、4G または LTE ネットワークでモバイルデータ通信を利用するか、現地の 5G 対応の SIM カードや eSIM を入手することができます (5G 対応エリアの場合)。

詳しくは、ご契約先の通信事業者にお問い合わせください。

ステータスバーに 5G のアイコンが表示されない場合

  1. 5G のサービスエリア内にいることを確認します。よくわからない場合は、通信事業者にお問い合わせください。
  2. 「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」の順に選択します。この画面が表示される場合、デバイスで 5G がアクティベーションされています。この画面が表示されない場合は、通信事業者にお問い合わせの上、ご利用のプランが 5G に対応しているか確認してください。
    「通信のオプション」のスクリーンショット
  3. 機内モードを有効にしてから、無効にします。

それでも 5G のサービスを利用できない場合は、通信事業者にお問い合わせください。

関連情報

  • iPhone 12 モデルで デュアル SIM で 5G を使いたい場合は、必ず iOS 14.5 以降をインストールしてください。
  • コンテンツを常に高画質でストリーミングする選択肢も選べます。「設定」>「ミュージック」>「モバイルデータ通信」で「高品質ストリーミング」をオンにし、「設定」>「TV」>「モバイル通信」で「高品質」をタップしてください。このように設定すると、モバイルデータ通信量が増え、コンテンツの再生が始まるまでに時間がかかる場合があります。
  • 低電力モードを有効にしている場合、ビデオストリーミングや大容量のダウンロードなどの状況下を除いて、5G が無効になります。iPhone 12 モデルでは、低電力モードの間は 5G スタンドアロンも無効になります (該当する場合)。

 

1. 5G のプランを契約しているか調べるには、通信事業者にお問い合わせください。通信事業者によっては、アクティベーション (利用開始手続き) に事務手数料がかかる場合があります。

2. 高周波数帯の 5G ネットワークを利用できるのは、米国で販売された iPhone を米国で利用する場合に限られます。

公開日: