Apple Watch でスクールタイムを使う

スクールタイムを使って、お子様の Apple Watch をスケジュールに従って使用制限することができます。また、集中力を高めたいときは、自分の Apple Watch でもスクールタイムをいつでも活用できます。

必要な環境

お子様の Apple Watch でスクールタイムのスケジュールを設定するには、まず、その Apple Watch をファミリー共有設定で設定してください。そのためには、watchOS 7 以降を搭載した Cellular モデルの Apple Watch Series 4 以降* または Cellular モデルの Apple Watch SE が必要です。また、Apple Watch の初期設定には、iOS 14 以降を搭載した iPhone 6s 以降も必要です。 

自分の Apple Watch でスクールタイムを使うには、watchOS 7 以降が必要です。

スクールタイムのスケジュールを設定する方法

  1. iPhone で Watch App を開きます。「すべての Watch」をタップし、お子様の Apple Watch をタップします。
  2. 「完了」をタップし、「スクールタイム」をタップします。
  3. 「スクールタイム」をオンにし、「スケジュールを編集」をタップします。
  4. スクールタイムを有効にする曜日と時刻を選択します。
  5. 1 日のうちに複数のスケジュールを設定したい場合は、「時刻を追加」をタップします。たとえば、午前の授業用に 1 つのスケジュール、午後の授業用に別のスケジュールを設定できます。

スクールタイムのスケジュールを変更するには、iPhone で Watch App を開いて、管理対象の Apple Watch の横にある情報ボタン をタップします。「スクールタイム」をタップし、「スケジュールを編集」をタップします。

スクールタイムを一時休止する

お子様は一時的にスクールタイムを休止し、メッセージをチェックするなどの作業を行えます。スクールタイムを休止するには、Digital Crown を回して、「終了」をタップして確定します。

スクールタイムのスケジュールが有効な場合は、スクールタイムモードが自動的に再開します。

スクールタイムのレポートを見る

スクールタイムを一時休止したすべての時間帯について、休止開始と休止終了の時刻をまとめたレポートを保護者の iPhone の Watch App で確認できます。スクールタイムが一時休止した時間を確認するには、Watch App を開いて、「すべての Watch」をタップし、お子様の Apple Watch をタップしてから「スクールタイム」をタップします。

このレポートは、お子様の Apple Watch にも表示されます。レポートを見るには、お子様の Apple Watch で設定 App を開いて、「スクールタイム」をタップします。

自分の Apple Watch でスクールタイムを使って集中力を高める

集中したいときはいつでも自分の Apple Watch でスクールタイムを使えます。通知音を鳴らさずに静かにしておいてほしいときや、目に煩わしい情報を減らして時間をさっと確認したいときは、おやすみモードやシアターモードの代わりにスクールタイムを活用できます。

まず、スクールタイムのボタンをコントロールセンターに追加します。

  1. Apple Watch の画面の下部を長押しし、上にスワイプしてコントロールセンターを表示します。
  2. 一番下までスクロールし、「編集」をタップします。
  3. スクールタイムのボタン の追加ボタン をタップして、「完了」をタップします。

コントロールセンターで、スクールタイムのボタンをタップして、オンに切り替えます。終了するには、Digital Crown を回して、「終了」をタップして確定します。

公開日: