Safari で機能拡張を有効にすることができない場合

Safari の機能拡張を、該当するチェックボックスを選択して有効にすることができない場合の対処法をご案内します。

macOS Catalina では、悪意のあるソフトウェアが Safari の機能拡張を有効にするようにユーザを誘導しないよう阻止するセキュリティ機能が導入されました。場合によって、特定の画面収録機能やアクセシビリティ機能を持つ正規のソフトウェアを使うことで、このセキュリティ機能に影響が及ぶことがあります。その場合は、以下の現象が認められます。

  • クリックを妨げた App やサービスが検出されたというメッセージが表示される場合があります。
  • Safari の環境設定で Safari 機能拡張を有効にすることができなくなる場合があります。チェックボックスの選択を解除して機能拡張を無効にすることはできますが、チェックボックスを選択して有効にすることはできません。

最新の Apple ソフトウェア・アップデートをインストールしてから、やり直してください。それでも Safari 機能拡張を有効にできない場合は、「shift」キーを押しながら Mac を起動し、Mac をセーフモードで起動してください。使いたい Safari 機能拡張を有効にしてから、Mac を通常通りに再起動します。

Safari の環境設定の「機能拡張」タブ

この記事は、最新の情報が入り次第、随時加筆修正されます。

公開日: