iPhone、iPad、iPod touch でファイルを ZIP で圧縮/圧縮解除する方法

大きいファイルをメールで送ったりアーカイブを作成したりする必要がある場合は、ZIP ファイルにすると容量を節約できます。

ファイルを圧縮する方法

  1. ファイル App を開いて、「この iPhone 内」や「iCloud Drive」などの場所を選択します。 
  2. 「選択」をタップし、1 つまたは複数のファイルを選択します。
  3. 右下にある詳細ボタン をタップします。
  4. 「圧縮」をタップします。 
  5. ファイルを 1 つ選択した場合、同じファイル名が付いた ZIP ファイルが同じフォルダに保存されます。複数のファイルを選択した場合は、「アーカイブ.zip」という名前の ZIP アーカイブが同じフォルダに保存されます。その名前を変更する場合は、ZIP アーカイブをタッチしたまま押さえて「名称変更」を選択します。 

ファイルの圧縮を解除する方法

  1. ファイル App を開いて、圧縮解除したい ZIP ファイルやアーカイブを探します。
  2. その ZIP ファイルやアーカイブをタップします。
  3. 中にファイルが入ったフォルダが作成されます。その名前を変更するには、フォルダをタッチしたまま押さえて「名称変更」をタップします。 

ZIP ファイルならこんなことも

大きいファイルや複数のファイルを共有する必要がある場合、ファイルを圧縮すればファイルサイズが小さくなるので、ストレージの消費量も比較的少なく、速く送信できます。 

ZIP ファイルやアーカイブをファイル App から共有するには、ZIP ファイルやアーカイブをタッチしたまま押さえて共有ボタン をタップします。 

ZIP ファイルやアーカイブをメールで受信した場合、ダウンロードせずにその内容をプレビューできます。ZIP ファイルまたはアーカイブを選択し、「内容をプレビュー」を選択します。スワイプして、ZIP アーカイブに入っている各ファイルのプレビューを表示します。 

問題がある場合

  • iPhone、iPad、または iPod touch に iOS 11 以降または iPadOS が搭載されていることを確認してください。
  • ファイル App の使い方については、こちらの記事を参照してください。 
  • ファイルが多すぎて通常の添付ファイルとしては送信できない場合は、Mail Drop を使ってみることもできます。
  • 複数のファイルを友達や同僚と共有したい場合は、iCloud Drive でフォルダを共有してみてください。 
公開日: