Apple Pro Display XDR のファームウェアアップデートの新機能

Pro Display XDR の最新のファームウェアアップデートであるディスプレイファームウェア 4.2.37 の変更点や新機能についてご説明します。

ディスプレイファームウェア 4.2.37

  • Pro Display XDR キャリブレータの使用時にインフィールドキャリブレーションの設定が適用されない問題に対処しました。

macOS 10.15.6 以降が必要です。

ディスプレイファームウェア 4.2.30

  • Pro Display XDR キャリブレータを使った、ディスプレイのインフィールドキャリブレーション (再補正) に対応しました。社内の分光測光器によるカスタムキャリブレーションが適宜必要となる、特定のカラーワークフローが利用可能になりました。詳しくはこちら
  • 安定性が向上しました。

macOS 10.15.6 以降が必要です。

ディスプレイファームウェア 3.3.23

  • Pro Display XDR の補正を微調整するためのコントロールが追加され、自社内のディスプレイ補正の目標値により正確に一致するように、ホワイトポイントと輝度を調整できるようになりました。詳しくはこちら
  • 安定性が向上しました。

macOS 10.15.5 以降が必要です。

ディスプレイファームウェア 2.2.2

  • 特定のワークフローでのニーズに合わせて、色域、ホワイトポイント、輝度、トランスファーファンクションなどの複数のオプションを設定して、Pro Display XDR のリファレンスモードをカスタマイズできるようになりました。詳しくはこちら
  • 安定性が向上しました。

macOS 10.15.4 以降が必要です。

ファームウェアのバージョンを調べる

Pro Display XDR のファームウェアのバージョンを調べるには、Apple メニュー  >「この Mac について」の順に選択し、「システムレポート」をクリックして、「グラフィックス/ディスプレイ」をクリックします。「Pro Display XDR」セクションで、「ディスプレイのファームウェアバージョン」の横にファームウェアのバージョンが表示されます。

ファームウェアが最新バージョンではない場合

ファームウェアアップデートに必要なバージョンの macOS をインストールした後、24 時間以内にアップデートがダウンロードされます。Mac がファームウェアアップデートをインストールできる状態になると、再起動してアップデートを適用するように案内するメッセージが表示され、インストールしている間は数分ほど画面が真っ暗になる場合があります。 

アップデートの案内で「今はしない」を選択するか、リファレンスモードがプリセットメニューに表示されていない場合は、ディスプレイを電源に接続し直す必要があると考えられます。macOS でユーザアカウントにログインしていることを確認し、ディスプレイを電源から外して 30 秒待ってから、もう一度電源につなぎ直してください。 

ファームウェアアップデートがダウンロードされるように、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」の「詳細」ウインドウで「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」と「macOS アップデートをインストール」を選択しておいてください。

関連情報

  • Apple Pro Display XDR の設定方法と使い方については、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Pro Display XDR でリファレンスモードを使う方法については、こちらの記事を参照してください。

本ドキュメントは、新しい情報が入り次第、更新されます。

公開日: