防水ロックの使い方と Apple Watch から排水する方法

Apple Watch を装着して水中に入るときは、防水ロックを有効にしましょう。水から上がったら、Digital Crown を回して Apple Watch のスピーカーから排水します。その方法をご紹介します。

Apple Watch Series 2 以降では、防水ロックを有効にしている間は画面をタッチしても反応しなくなるので、水中での誤入力を防ぐことができます。防水ロックを無効にすると、スピーカーに残っている水分が排出されます。

防水ロックを有効にする方法

  1. 文字盤が表示されている状態か、画面に App が表示されている状態で、画面の下部をタッチしたままにします。しばらくしてコントロールセンターが表示されたら、上にスワイプします。コントロールセンターはどの画面からでも開けます。
  2. 防水ロックのボタン をタップします。文字盤の上部に防水ロックのアイコン が表示されます。

防水ロックは、スイミングやサーフィンなど、水中でのワークアウトを始めた場合にも自動的に有効になります。

防水ロックを無効にして排水する方法

Apple Watch の横にある Digital Crown を回します。画面に「ロック解除」と表示されるまで回し続けてください。Digital Crown を回す方向はどちらでもかまいません。

通知音が続けざまに鳴り、スピーカーに残っている水が排出されます。その後、通常通りに画面を操作できるようになります。

公開日: