16 インチの MacBook Pro ディスプレイでリフレッシュレートを変更する

MacBook Pro (16-inch, 2019) Retina ディスプレイでは、リフレッシュレートを切り替えることができます。

ビデオ編集などのプロフェッショナルなワークフローでは、ディスプレイのリフレッシュレートを、編集または表示するビデオのリフレッシュレートに合わせて設定できます。

設定可能なリフレッシュレート

Retina ディスプレイでは、以下のリフレッシュレートを切り替えることができます。

  • 60 ヘルツ
  • 59.94 ヘルツ
  • 50 ヘルツ
  • 48 ヘルツ
  • 47.95 ヘルツ

リフレッシュレートを変更する

均等に分割すると、コンテンツのフレームレートになるリフレッシュレートを選択してください。たとえば、毎秒 24 フレームのコンテンツを表示する場合は、48 ヘルツのリフレッシュレートを選択します。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックします。
  2. 「option」キーを押しながら「変更」ボタンを選択します。リフレッシュレートのメニューが表示されます。
  3. 「リフレッシュレート」ポップアップメニューをクリックし、リフレッシュレートを選択します。

ビデオコンテンツの表示や編集が終わったら、リフレッシュレートをデフォルトの 60 ヘルツに戻すことができます。 

関連情報

MacBook Pro (16-inch, 2019) で複数のディスプレイを使う方法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: