MacBook Pro や Apple Pro Display XDR でリフレッシュレートを変更する

16 インチの MacBook Pro、14 インチの MacBook Pro、Pro Display XDR では、リフレッシュレートを切り替えることができます。

ビデオ編集などのプロフェッショナルなワークフローでは、ディスプレイのリフレッシュレートを、編集または表示するビデオのリフレッシュレートに合わせて設定できます。


設定可能なリフレッシュレート

Retina ディスプレイでは、以下のリフレッシュレートを切り替えることができます。

  • 60 ヘルツ
  • 59.94 ヘルツ
  • 50 ヘルツ
  • 48 ヘルツ
  • 47.95 ヘルツ

14 インチや 16 インチの Apple シリコン搭載モデルの MacBook Pro では、リフレッシュレートを最大 120 Hz までで自動的に調整してくれる ProMotion も選択できます。


リフレッシュレートを変更する

均等に分割すると、コンテンツのフレームレートになるリフレッシュレートを選択してください。たとえば、毎秒 24 フレームのコンテンツを表示する場合は、48 ヘルツのリフレッシュレートを選択します。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックします。
  2. 「リフレッシュレート」ポップアップメニューをクリックし、リフレッシュレートを選択します。
    システム環境設定の「ディスプレイ」ウインドウの「リフレッシュレート」メニュー

ビデオコンテンツの表示や編集が終わったら、リフレッシュレートをディスプレイのデフォルト設定に戻しておくとよいでしょう。

macOS Catalina や macOS Big Sur では、「option」キーを押しながら「変更」ボタンを選択すると、リフレッシュレートのメニューが表示されます。


関連情報

  • Liquid Retina XDR ディスプレイを搭載した MacBook Pro や Apple Pro Display XDR でリファレンスモードを使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Pro Display XDR の設定方法と使い方については、こちらの記事を参照してください。
公開日: