AirPods Pro の耐汗・耐水性能について

AirPods Pro の耐汗・耐水性能について、また、AirPods Pro が濡れてしまった場合の対処法についてご案内します。

AirPods Pro は耐水・耐汗仕様です。防水・防汗仕様ではありません。* 充電ケースには耐汗・耐水性能はありません。AirPods Pro は、水上または水中でのスポーツ (スイミングなど) やシャワーでの使用は想定していません。

ワークアウト後、多量の汗をかいた後、水しぶきがかかった後は、AirPods Pro をワイヤレス充電ケースに入れる前に、糸くずの出ない柔らかく乾いた布で拭き取ってください。熱源やエアダスターで AirPods Pro を乾燥させるのはおやめください。

AirPods Pro を安全に保管する

耐汗・耐水性能は永久的に持続するものではありません。時間が経てば耐性が損なわれる場合があります。また、AirPods Pro の耐汗・耐水性能を再検査したり、耐汗・耐水加工を再度施したりすることはできません。

AirPods Pro が損傷しないよう、以下の行為は控えてください。

  • シャワーや蛇口など、流水に AirPods Pro をさらす。
  • AirPods Pro を着けて泳ぐなど、AirPods Pro を水中に沈める。
  • AirPods Pro を洗濯機や乾燥機に入れる。
  • AirPods Pro を付けたままサウナやスチームルームに入る。
  • AirPods Pro に流速が大きい水をかける (ウォータースキーなど)。 
  • AirPods Pro を落とすなど、衝撃を与える。

上記いずれかの状況で AirPods Pro が濡れてしまった場合は、以下のように対処してください。

  • 糸くずの出ない柔らかく乾いた布できれいに拭き取る。
  • 使う前や充電ケースに入れる前に、完全に乾かす。

石鹸、シャンプー、コンディショナー、ローション、香水、溶剤、洗剤、酸または酸性の食品、虫除け、日焼け止め、油、毛髪染料が AirPods Pro に付かないようにしてください。いずれも水密性や通音膜の性能低下を招くおそれがあります。AirPods Pro にこれらの物質が付いてしまった場合は、以下のように対処してください。

  • 流水で軽く湿らせた布できれいに拭き取った後、糸くずの出ない柔らかく乾いた布で拭いて乾かす。
  • 使う前や充電ケースに入れる前に、完全に乾かす。

* AirPods Pro には耐汗・耐水性能があります。水上または水中でのスポーツやエクササイズには対応しません。AirPods Pro は実験室の管理された条件下でテストされており、IEC 規格 60529 にもとづく IPX4 等級に適合しています。耐汗・耐水性能は永久的に持続するものではありません。通常の使用状態でも耐性が損なわれる場合があります。AirPods Pro が濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の手順については、上記をご確認ください。充電ケースには耐汗・耐水性能はありません。 

公開日: