マップの改善とプライバシー

Appleの“マップ”はあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

“マップを改善”をオンにすると、Appleはデバイス上の“利用頻度の高い場所”機能から入手したGPS座標を収集して、Apple IDに登録されている住所と関連付けます。これにより、その住所やほかの住所の地理上の位置を高い精度で特定することができます。この作業で得られた座標は匿名化されて保存され、“マップ”やその他の位置情報に基づく製品およびサービスを改善する目的にのみ使用されます。

“マップを改善”または“利用頻度の高い場所”は、iOSの場合、“設定”>“プライバシー”>“位置情報サービス”>“システムサービス”に移動し、“マップの改善”をタップしてオフにするか、“利用頻度の高い場所”をタップしてから“利用頻度の高い場所”をタップしてオフにすることで、いつでも無効にできます。Macの場合、“利用頻度の高い場所”をオフにするには、“システム環境設定”>“プライバシー”>“位置情報サービス”に移動し、カギをクリックしてパスワードを入力し、“システムサービス”の隣にある“詳細”をクリックして、“利用頻度の高い場所”の選択を解除します。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: