iCloudキーチェーンとプライバシー

iCloudキーチェーンはあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

iCloudキーチェーンにはiCloudで保存するWebサイトユーザ名、パスワード、クレジットカードの番号と有効期限が保存され、あなたが承認したすべてのiOS 7以降のデバイスとOS X Mavericks(10.9)以降を実行するMacの間でそれらが最新の状態で保持されます。

iCloudキーチェーンをオンにすると、ユーザ名、パスワード、またはクレジットカード情報をSafariに入力したときに、自動入力機能によってそれらを保存することを求められます。保存したユーザ名、パスワード、クレジットカード情報は自動的に表示されるので、再度入力する必要がなくなります。Safariの自動入力とiCloudキーチェーンがクレジットカードのセキュリティコードを保存することはありません。たとえば、Safariで購入するときは、使用したいクレジットカードを選択するとクレジットカードの番号と有効期限が自動的に表示されます。ただし、セキュリティコードを入力しないと購入は完了しません。Safariの新しいパスワードジェネレータを使って、一意の推測しにくいオンラインアカウント用パスワードを推奨してもらい、これらのパスワードをiCloudキーチェーンで保存することもできます。バックアップからデバイスを復元する場合でも、iCloudキーチェーンは保存済みアカウントに自動的にサインインできます。

iCloudキーチェーンは、デバイスに送信されるとき、およびiCloudに保存されるときに暗号化されるので、Appleが読み取ることはできません。

iCloudキーチェーンの2番目のデバイスへの設定は、最初のデバイスからそのデバイスを承認することで実行できるので、承認したデバイスだけでiCloudキーチェーンを同期できます。パスワードを新しいデバイスに同期するための、4桁の複雑でランダムなセキュリティコードを設定することもできます。セキュリティコードは書き留めておき、安全な場所に保管しておくようにしてください。紛失したセキュリティコードをAppleが提供することはできません。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: