Apple Payとプライバシー

Apple Payはあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

  • カードをApple Payに追加すると、カードに関連する情報、位置情報、デバイスの設定と使用パターンに関する情報が資格判断のためAppleに送信される場合があります。
  • 資格の判断および詐欺行為を防ぐため、上記の情報の一部、アカウント関連の情報、およびペアリングされたデバイスの詳細はカード会社または銀行と共有される場合があります。
  • App内またはWeb上でApple Payを使用すると、支払いの処理に必要な情報がAppまたはWebサイトに共有されます。実際のカード番号は加盟店に共有されません。
  • あなたと関連付けられなくなったApple Payデータは、Apple Pay機能およびAppleのその他の製品やサービスの品質向上に役立てるため、一定期間保持されることがあります。

Apple Payを使用すると、デビットカード、クレジットカード、プリペイドカードを使用して、店舗、App内、Web上で安全に買い物をすることができます。

Apple Payにカードを追加する

Apple Payに支払い用カード(店用カード、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなど)を追加すると、資格を判断してApple Payを利用可能にするために、カードに関して入力された情報、および特定のデバイス設定が有効になっているかどうかの情報がAppleに送信されることがあります。また、詐欺行為を識別するために、デバイスがデバイスでの利用履歴(例: デバイスが移動中の時間の割合、週間通話回数の概数)を評価することもあります。デバイスによって評価された情報は、個人に関連付けられる方法でAppleと共有されることはありません。

カードの資格を判断し、カードをApple Pay用に設定して、詐欺行為を防ぐために、情報はAppleによりカード発行元、決済ネットワーク、またはApple Payを利用可能にするためにカード発行元から許可されたプロバイダに提供されることがあります。以下のものを含みます:

• クレジットカード、デビットカード、またはプリペイドカードの番号

• Apple ID、iTunes、またはApp Storeアカウントで使われている名前および請求先住所

• Apple ID、iTunes、またはApp Storeアカウントの利用状況に関する一般的な情報(例: iTunesで長く利用履歴があるかどうか)

• デバイスに関する情報、Apple Watchを使用している場合はペアリングされているiOSデバイスの情報(例: デバイス識別子、電話番号、名前、デバイスのモデル名)

• カード追加時の位置情報(位置情報サービスがオンの場合)

• 支払い用カードを追加したアカウントまたはデバイスの履歴

• Apple Payに追加した、または追加しようとしている支払い用カードの情報に関連して集計した統計情報

銀行Appなどの他社製AppでカードをApple Payに追加すると、アカウントまたはカードの識別子がデバイスに送信されます。この情報は、カードの資格を判断し、カードをApple Pay用に設定して、詐欺行為を防ぐためにAppleとカード発行元によって使用されます。ほかのデバイスでご使用のカードや最近入手したカードを設定しやすくするため、Appleでは、セキュリティコードの入力後にカードを再度追加するためにカード発行元または決済ネットワークで使用できるカード参照情報を、ご使用のiCloudアカウントと共に保持します。Apple Payでは、オリジナルのクレジットカード、デビットカード、またはプリペイドカードの番号は保持されません。

Apple Payで支払う

支払い時に共有される情報

Apple Payを使用してApp内、Web上、またはビジネスチャット内での支払いを始めると、税金や配送料の計算のために、郵便番号やその他の同等の情報が、App、Webサイトまたは店舗に提供されます。決済の承認後は、デバイス固有のアカウント番号、配送先住所、メールアドレスなど、店舗によって要求されたその他の情報も提供されます。Apple Payを使用するときにクレジットカード、デビットカードまたはプリペイドカードのカード番号が提供されることはありません。

WalletでQRコードパスを使用して支払いを行う際は、デバイスが一意のコードを提示し、そのコードをパスプロバイダと共有して不正を防止します。支払い元のデバイスにパスプロバイダのAppがインストールされている場合、パスプロバイダは、そのAppのプライバシーポリシーに従って、詐欺行為を防ぐために支払い時に追加情報を収集して処理することがあります。パスプロバイダは、必要に応じて、取引内容を確認するために詳細情報を直接お客様に問い合わせる場合もあります。

Apple Payが設定されているどうかをAppとWebサイトが確認する可能性があります

iOS、watchOS、またはmacOSでApple Payを使用するAppやWebサイトを使用するときは、Apple Payがデバイス上で有効になっているかどうかをAppやWebサイトが確認する可能性があります。iOSデバイス、またはカードを追加できないMacのSafariでWebサイトにアクセスすると、WebサイトはiCloudアカウントを使用して、iPhoneまたはApple WatchでApple Payを設定しているかどうかを確認する可能性があります。アクセスしているWebサイトがApple Payが有効になっているかを確認する機能は、設定を変更することで停止できます。iOSでは、“設定”>“Safari”>“Apple Payの確認”と選択します。Macでは、“Safari”>“環境設定”>“プライバシー”と選択し、“Apple PayおよびApple Cardの確認をWebサイトに許可”の選択を解除します。

Appleでは支払い情報を送信するだけで保持しません

App、Webサイト、またはビジネスチャット内の支払い情報は、セキュリティを維持するため、暗号化した形式でAppleに送信された後、いったん暗号化が解除され、店舗、Appデベロッパ、支払い業務取扱者のみが読み取れるように暗号化キーを使って再度暗号化されます。カードが追加できないMacで支払いを行う場合、Macと承認のためのデバイスはAppleのサーバ経由で暗号化されたチャネルを通して情報の伝達を行います。Appleでは、個人を識別できる形式でこれらの情報が保持されることはありません。

交通系ICカード

交通系ICカードをWalletに追加すると、交通系ICカードに関する情報がiCloudアカウントに関連付けられます。交通系ICカードの残高がプラスである限り、カードはiCloudアカウントに関連付けられたままになり、残高を確実に回復できます。2枚以上の交通系ICカードをWalletに追加すると、Appleまたはそのパートナーはカード間の個人情報およびアカウント情報を関連付ける場合があります。例えば、個人用に設定されたカードが、個人用に設定されていないカードに関連付けられる場合があります。日本では、Walletに交通系ICカードを設定することに関して、個人を特定できないような方法で集約された情報はモバイル機器キャリアと定期的に共有される場合があります。

交通系ICカードを使用するとき、最近利用した駅、利用履歴、追加チケットなどの情報が非接触カードリーダーでアクセスされる場合があります。カードが“エクスプレスカード”(Touch ID、Face ID、またはパスコードなしでカードが利用できる設定)として設定されている場合、この情報は付近のすべての非接触型カードリーダーからアクセスが可能です。“エクスプレスカード”は、iOSデバイスでは“設定”>“WalletとApple Pay”に移動し、Apple Watch Appでは“WalletとApple Pay”をタップしてから“エクスプレスカード”をタップし、支払いカードを選択することで管理できます。

ポイントカードとギフトカード

Apple Payでは、Walletに保存されている対応するポイントカードおよびギフトカードを使用して、特定の店舗でポイントカード取引およびギフトカード取引を非接触型で行うこともできます。ポイントカードやギフトカードをWalletに追加すると、ポイントカードのアカウントまたはギフトカードに関する情報(識別子を含む)がお使いのデバイスに保存され、iCloudを使って同期されます。iCloud同期は、“設定”>“[自分の名前]”>“iCloud”に移動し、“Wallet”をタップしてオフにすることで無効にできます。

店舗でApple Payを使用するときは、支払い端末から、取引の一環としてお使いのデバイスに保存されているポイントカードまたはギフトカードのポイントカード識別子またはギフトカード識別子を要求される場合があります。この自動選択は、Walletでカードを選択し、カードの詳細で“自動選択”を無効にすることで無効にできます。特定の店舗では、Apple Payを使用した支払いの際に支払い端末がお使いのデバイスからポイント識別子を受信できない場合、Apple Payにポイントカードを追加したいかどうか、または加盟店のポイントプログラムのメンバーでない場合にプログラムに登録したいかどうかを尋ねる通知が表示される場合があります。ポイントプログラムに登録するときは、氏名、郵便番号、メールアドレス、電話番号などの情報の提供を加盟店から求められる場合があります。お客様が加盟店のポイントカードを設定するとAppleに通知されますが、お客様が共有した情報はお使いのデバイスから加盟店に直接送信され、加盟店のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。

学生証

対応している学生証をWalletに追加すると、学生証の情報や特定のデバイスの設定が有効かどうかの情報がAppleに送信されることがあります。この情報は、学生証を有効にし、資格を判断し、カードを設定して、詐欺行為を防ぐために、Appleから通学先や通学先が承認したプロバイダに提供されることがあります。以下の情報を含みます:

• 学生証番号

• Apple ID、iTunes、またはApp Storeアカウントで使われている名前および請求先住所

• デバイスに関する情報、Apple Watchを使用している場合はペアリングされているiOSデバイスの情報(例: デバイス識別子、デバイスのモデル名)

学生証の写真はAppleに送信および保存され、お使いのiCloudアカウントと関連付けられます。

学生証が“エクスプレスモード”(Touch ID、Face ID、またはパスコードなしでカードが利用できる設定)として設定されている場合、そのカードを使用すると、非接触カードリーダーから学生証番号にアクセスされる可能性があります。“エクスプレスモード”の設定は、iPhoneでは“設定”>“WalletとApple Pay”、Apple Watch Appでは“WalletとApple Pay”をタップすることで管理できます。

その他の情報

位置情報サービスをオンにしている場合、店舗での支払いにお使いのデバイスを使用すると、その時点の位置情報が匿名でAppleに送信されます。この情報は、Walletカード取引履歴での取引先名の正確性向上に役立てられるほか、Appleマップ、Apple Pay、およびWalletの品質向上のために集合的に保持されることがあります。このApple Payの位置情報に基づく機能は、iOSデバイスでは“設定”>“プライバシー”>“位置情報サービス”>“システムサービス”に移動し、“Apple Pay加盟店識別子”をタップしてオフにすることで無効にできます。Macでは、“システム環境設定”>“セキュリティとプライバシー”>“プライバシー”>“位置情報サービス”と選択し、変更するためのカギをクリックしてパスワードを入力してから、Walletを選択解除します。

Appleエコシステムでの支払い方法を管理できるようにするために、Appleは、Apple Payの支払い方法が登録されている支払い方法としてApple IDに追加できるかどうかを確認し、それらの支払い方法を“設定”>“[自分の名前]”>“支払いと配送先”>“支払い方法を追加”>“Walletで検出されました”に表示する場合があります。Apple IDを使用して取引を行う場合、Appleは、登録されているApple IDの支払い方法がApple Payの条件を満たしているかどうかも確認する場合があります。その場合、Appleは、支払い情報を保護するためにその支払い方法に対してApple Payを有効にする場合があります。Apple IDの支払い方法は、“設定”>“[自分の名前]”>“支払いと配送先”に移動することでいつでも変更できます。

ユーザと関連付けられていないApple Payデータは、Apple Pay機能およびAppleのその他の製品やサービスの品質向上に役立てるため、一定期間保持されることがあります。

カード保持者、利用者、加盟店契約の条件、またはApple Payの機能の使用に適用されるその他の利用条件は、その支払い用カードの使用およびApple Payに関連した使用に対して引き続き有効であり、追加的な個人情報保護に関する方針がある場合があります。

Appleが収集する情報は、いかなる場合においても、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy を参照)に従って取り扱われます。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: