macOS Catalina の読み取り専用のシステムボリュームについて

macOS Catalina は、Mac 上のほかのファイルとは切り離された読み取り専用のシステムボリュームで実行されます。Catalina にアップグレードすると、2 つ目のボリュームが作成され、ファイルによっては一部「Relocated Items」に移動する場合があります。 

macOS Catalina は専用のシステムボリュームで実行されます。このボリュームは読み取り専用で、「Macintosh HD」という名前が付いています。ほかのすべてのデータとは切り離されているので、重要なオペレーティングシステムのファイルが間違って上書きされる心配がなくなりました。ファイルとデータは、「Macintosh HD - Data」という別のボリュームに保管されます。Finder では、両方のボリュームが「Macintosh HD」として表示されます。 

macOS Catalina のディスクユーティリティ App には、読み取り専用のシステムボリュームである「Macintosh HD」と、残りのファイルやデータを保管する「Macintosh HD - Data」が表示されます。

以前のバージョンの macOS から macOS Catalina にアップグレードすると、アップグレード中に読み取り専用のボリュームが作成されます。これまで起動ボリュームに保存されていたファイルやデータはこの新しいボリュームに保存されるようになり、そのうちの一部は、「Relocated Items」という新しいフォルダに表示される場合があります。ファイルが見つからない場合は、このフォルダを調べてみてください。

macOS Catalina では、ファイルやデータを読み取り専用のシステムボリュームに保存したり、コマンドライン (ターミナルなど) から「ルート」ディレクトリ ( / ) 書き込んだりすることはできなくなりました。 

「Relocated Items」フォルダについて

アップグレード処理中に 2 つの個別のボリュームが作成される際、新しい場所に移動できなかったファイルやデータは「Relocated Items」フォルダに入れられます。「Relocated Items」フォルダは、「ユーザ」フォルダ内の「共有」フォルダ (/ユーザ/共有/Relocated Items) にあり、デスクトップ上のショートカットからアクセスすることもできます。「Relocated Items」フォルダには、これらのファイルについて説明した PDF 書類も入っています。

 

公開日: