Final Cut Pro X のメニューが歪んだり色付きで表示されたりする場合

Final Cut Pro 10.4.7 にアップデートした後でメニューが歪んで見えたり、色付きで表示されたりする場合は、システム環境設定で「透明度を下げる」の選択を解除してください。

Final Cut Pro 10.4.7 にアップデートした後で、Final Cut Pro をはじめて開くと、メニューが歪んで見えたり、ばらばらに割れたように表示されたりする場合があります。透明だったり、マゼンタ、ペールグリーンなど、予期しない色が付いていたりすることもあります。また、ほかの App や Finder のメニューにも影響が及ぶ場合があります。

この問題を解決するには、Apple メニュー >「システム環境設定」>「アクセシビリティ」の順に選択し、左側のサイドバーで「ディスプレイ」をクリックして、「ディスプレイ」ボタンをクリックします。「透明度を下げる」が選択されている場合は、その選択を解除して、システム環境設定を閉じてください。


関連情報

Mac の画面上の項目を見やすくする方法については、こちらを参照してください。

本ドキュメントは、新しい情報が入り次第、更新されます。

公開日: