iOS 13 や iPadOS で他社製のキーボード App に影響を与える問題について

iOS 13.1.1 または iPadOS 13.1.1 にアップデートすれば、iPhone、iPad、iPod touch で他社製のキーボードに影響を及ぼす問題が解決します。

iOS 向けの他社製のキーボード機能拡張は、外部サービスにアクセスせずに完全にスタンドアロンで実行できるように設計できますが、ネットワークアクセスを通じて追加の機能を使えるように「フルアクセス」を要求することも可能になっています。Apple では、iOS 13 や iPadOS においてユーザがキーボード機能拡張にフルアクセスを許可していないのにフルアクセスが与えられてしまうという不具合を発見しました。

iOS 13.1.1 および iPadOS 13.1.1 では、この問題が解決しています。iPhone、iPad、iPod touch をアップデートする方法については、こちらの記事を参照してください。

この問題は、Apple の内蔵キーボードには影響しません。また、フルアクセスを使わない他社製キーボードにも影響はありません。

他社製キーボード App を確認する

この問題の影響を受ける可能性がある他社製のキーボード App がインストールされている場合は、以下の手順で確認できます。

  1. 設定 App を開きます。
  2. 「一般」>「キーボード」>「キーボード」の順に選択します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: