macOS Catalina 10.15 で systemsetup コマンドラインユーティリティを使う

macOS Catalina 10.15 以降での systemsetup コマンドの変更点について説明します。

この記事は、システム管理者を読者として想定しています。

macOS Catalina 10.15 以降で -setremotelogin フラグまたは -setremoteappleevents フラグを指定して systemsetup コマンドを使うには、まず、親プロセスにフルディスクアクセスが付与しておいてください。フルディスクアクセスは手動で付与するか、モバイルデバイス管理 (MDM) を使って付与できます。

  • フルディスクアクセスを手動で付与する:Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」タブを選択します。下にスクロールして「フルディスクアクセス」をクリックし、親プロセスを追加します。
  • MDM を使う:PrivacyPreferencesPolicyControl ペイロードを使います。詳しくは、こちらを参照してください。

使用法について詳しくは、systemsetup(8) マニュアルページを参照してください。 

公開日: