iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max のバッテリーとパフォーマンスについて

バッテリーの化学的経年劣化が進むに伴い、パフォーマンスにも影響が出始めますが、この影響を極力抑えるため、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max に新たに組み込まれたソフトウェアおよびハードウェアのシステムについてご説明します。

新しく組み込まれたソフトウェア/ハードウェアシステムは、自動で常時働き、時間の経過に伴いバッテリーが劣化しても、最大限のパフォーマンスを発揮できるように努めます。iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max の電力需要は動的に監視され、パフォーマンスも管理されるので、需要にリアルタイムで応えることが可能です。このシステムは、従来の iPhone のバッテリーや電源管理システムと比較して進化を遂げており、バッテリーの劣化に伴う iPhone のパフォーマンスの低下を軽減してくれます。

バッテリー劣化時のパフォーマンスについて

パフォーマンスへの影響は極力軽減されますが、バッテリーが劣化すれば、最終的には、その影響が目に留まるようになることも考えられます (一時的な症状で済む場合もあります)。バッテリーの状態や iPhone で処理するタスクにもよりますが、App が起動するまで時間がかかる、フレームレートが低くなる、ワイヤレスデータ通信のスループットが低下する、バックライトが暗い、スピーカーの音量が低いといった症状が現れる可能性があります。

iPhone でバッテリーの状態を調べる

すべての充電式バッテリーは消耗品で、その耐用年数 (寿命) には限りがあり、いずれは容量やパフォーマンスが低下して交換が必要になります。iPhone のバッテリーの状態について調べるには、また、バッテリーの交換を勧められた場合は、「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」で調べてください。

バッテリーの経年劣化によって iPhone のパフォーマンスに影響が出ているためにバッテリーの交換をご希望の方は、Apple サポートにお問い合わせの上、お手続きください。

関連情報

  • バッテリーのサービスとリサイクルについて詳しくはこちらをご覧ください。
  • iPhone のパフォーマンスを改善する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • この記事は、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max を対象としています。iPhone 全般のバッテリーとパフォーマンスについては、こちらの記事を参照してください。
公開日: