Apple Watch のバッテリーとパフォーマンス

Apple Watch のパフォーマンスとバッテリーとの関連性についてご説明します。

Apple Watch はシンプルで使い勝手のよいユーザ体験を実現すべく設計されています。これを可能にするには、さまざまな先進的なテクノロジーと精巧なエンジニアリングを組み合わせることが必要不可欠になりますが、そうしたテクノロジーの重要分野の一つがバッテリーとパフォーマンスです。バッテリーは複雑なテクノロジーです。バッテリーのパフォーマンスや、それに関連する Apple Watch のパフォーマンスには、数多くの可変要素が関わっています。すべての充電式バッテリーは消耗品で、その耐用年数 (寿命) には限りがあり、いずれは容量やパフォーマンスが低下します。バッテリーが劣化すると、その影響で Apple Watch のパフォーマンスにも変化が現れます。以下、このことについて詳しくご説明します。

リチウムイオンバッテリーについて

Apple Watch のバッテリーにはリチウムイオン技術が使われています。旧世代のバッテリー技術と比べて、リチウムイオンバッテリーはより速く充電でき、より長持ちします。また、より高い出力密度を持っているため、耐用年数が延びた一方でバッテリー本体は軽くなっています。現在のところ、充電式リチウムイオンバッテリー技術は、お使いのデバイスに最適なテクノロジーです。リチウムイオンバッテリーの詳細についてはこちらをご覧ください。

バッテリーのパフォーマンスを最大限に引き出す方法

「バッテリー駆動時間」とは、デバイスの再充電が必要になるまでの動作時間のことです。「バッテリー耐用年数」(寿命) とは、バッテリーが使えなくなるまでの持続期間を指します。バッテリーの駆動時間と耐用年数に影響を及ぼす要因の一つにデバイスの使い方があります。ただ、どのような使い方をしたとしても、バッテリーを長持ちさせるコツはあります。バッテリーの耐用年数には「化学的経年劣化」が関係してきます。これには単に時間の経過だけではなく、充電サイクルの回数や手入れの仕方などのさまざまな要因が含まれます。バッテリーのパフォーマンスを最大限に引き出し、バッテリーの耐用年数を延ばすコツについては、こちらをご覧ください。たとえば、Apple Watch を長期間保管するときは 50% 前後充電した状態にしておきます。また、Apple Watch を長時間直射日光にさらすなど、高温環境下で充電や放置するのは避けましょう。

バッテリーの化学的経年劣化が進むと

充電式バッテリーはすべて消耗品で、化学的経年劣化が進むにつれて性能が低下します。

リチウムイオンバッテリーの化学的経年劣化が進むと充電可能な容量が低下し、その結果、再充電が必要になるまでの時間が短くなっていきます。これは、バッテリーの最大容量 (新品時と比較したバッテリー容量の基準) の低下と言うこともできます。さらに、バッテリーの最大瞬時給電能力 (ピーク電力) も低下する可能性があります。Apple Watch が正常に機能するためには、バッテリーが電子部品に瞬時に給電できなければなりません。この瞬時給電に影響を与える属性の一つがバッテリーのインピーダンスです。バッテリーのインピーダンスが高いと、システムが必要とする電力を供給することができません。化学的経年劣化が進んだバッテリーでは、このインピーダンスが増加する傾向があります。バッテリーのインピーダンスは、充電残量が少ない状態や低温環境下でも一時的に増加します。このような状況と化学的経年劣化が重なると、インピーダンスの増加はさらに顕著になります。こうしたバッテリーの化学的特性は、業界全体に普及しているリチウムイオンバッテリーすべてに共通するものです。

インピーダンスが高いバッテリーから電力が供給されると、バッテリーの電圧が急激に低下します。電子部品が正常に動作するには最低限の電圧が必要です。たとえば、デバイスの内蔵ストレージ、電源回路、バッテリー本体などがそうです。電源管理システムはバッテリーの性能を判断した上でこうした電力供給を行い、システムが継続的に動作できるように負荷を管理していますが、電源管理システムの能力を最大限に発揮しても継続的な動作が難しくなると、電子部品を保護するためにシステムがシャットダウン (システム終了) します。このシャットダウンは、デバイスの観点からすれば意図的な動作ですが、ユーザにとっては想定外、すなわち「突然シャットダウンした」ということになりかねません。

バッテリーとパフォーマンス管理

バッテリーの充電容量が低下した、ピーク電力が多い、バッテリーの化学的経年劣化が進んだなどの状況下では、パフォーマンスへの影響が見過ごせなくなる場合がありますが、こうした影響を極力抑えるため、Apple Watch Series 5 には新しいソフトウェアおよびハードウェアのシステムが組み込まれています。このシステムは自動で常時働き、Apple Watch Series 5 の最大限のパフォーマンスを引き出してくれます。電力需要は動的に監視され、パフォーマンスも管理されるので、需要にリアルタイムで応えることが可能です。このシステムのおかげで、Apple Watch Series 5 のパフォーマンスへの影響を可能な限り調整し、軽減することができます。そうした影響が目に留まる可能性もありますが、一時的な症状で済む場合もあります。バッテリーの状態や Apple Watch で処理するタスクにもよりますが、App が起動するまで時間がかかる、フレームレートが低くなる、ワイヤレスデータ通信のスループットが低下する、画面が暗い、スピーカーの音量が低い、ワークアウト中に心拍数データが表示されないといった症状が現れる可能性があります。

バッテリーの経年劣化によって Apple Watch のパフォーマンスに影響が出ているため、Apple Watch の交換をご希望の場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

バッテリーのサービスとリサイクルについて詳しくはこちらをご覧ください。

公開日: