Apple Pro Display XDR でリファレンスモードを使う

Pro Display XDR に搭載されているリファレンスモードと、その使い方についてご紹介します。

リファレンスモードを選択する

Pro Display XDR には、さまざまな制作現場やワークフローに適したリファレンスモードが数多く用意されています。Mac でリファレンスモードを切り替える方法は 2 つあります。

  • Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックします。「プリセット」ポップアップメニューを選択し、リファレンスモードを選択します。
  • メニューバーで AirPlay メニュー をクリックし、リファレンスモードを選択します。
    AirPlay メニュー が表示されない場合は、Apple  メニュー >「システム環境設定」で「ディスプレイ」をクリックし、「使用可能な場合はメニューバーにミラーリングオプションを表示」を選択してください。


お気に入りのモードを選ぶ

システム環境設定の「ディスプレイ」や AirPlay メニューに表示するリファレンスモードを選択しておけます。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックします。 
  2. 「プリセット」ポップアップメニューを選択し、「カスタマイズ」を選択します。
  3. 使いたいリファレンスモードを選択し、「完了」をクリックします。


リファレンスモードについて

HDR/HD/SD ビデオ、デジタルシネマ、その他の多様な制作現場の要件に応じて、Pro Display XDR に搭載されているリファレンスモードを使いこなせます。各リファレンスモードはそれぞれ、ディスプレイの色空間、ホワイトポイント、ガンマ、輝度を設定します。Pro Display XDR に搭載されている各リファレンスモードについてご説明します。

Pro Display XDR (P3-1600 ニト)

自宅や職場の一般的な環境では、このモードを使います。Apple 製のディスプレイで使われている広色域 (P3) の原色をベースとしたモードで、最大 1600 ニトの輝度 (ピーク) で XDR (Extreme Dynamic Support) に対応します。

Apple Display (P3-500 ニト)

自宅や職場の一般的な環境では、このモードを使います。広色域 (P3) の原色をベースとしたモードで、Apple の内蔵ディスプレイで一般的な最大 500 ニトの輝度範囲に対応します。

HDR ビデオ (P3-ST 2084)

4K や超高解像度のビデオ制作ワークフローでは、このモードを使います。広色域 (P3) の原色と HDR SMPTE ST-2084 EOTF を使い、最大 1000 ニトの持続輝度 (フルスクリーン) に対応しています。ITU-R BT.2100 で規定されている観視条件の整備を念頭に作られたモードです。

HDTV ビデオ (BT.709-BT.1886)

ITU-R BT.709 および BT.1886 の勧告に準拠した HD ビデオ制作のワークフローでは、このモードを使います。ITU-R BT.2035 で規定されている観視条件の整備を念頭に作られたモードです。

NTSC ビデオ (BT.601 SMPTE-C)

標準解像度 (SD) やアーカイブのビデオ制作ワークフローで ITU-R BT.601 勧告および色空間の規格 SMPTE-C への準拠を目指す場合は、このモードを使います。ITU-R BT.2035 で規定されている観視条件の整備を念頭に作られたモードです。

PAL および SECAM ビデオ (BT.601 EBU)

標準解像度 (SD) やアーカイブのビデオ制作ワークフローで ITU-R BT.601 勧告および色空間の規格 EBU Tech 3213 への準拠を目指す場合は、このモードを使います。ITU-R BT.2035 で規定されている観視条件の整備を念頭に作られたモードです。

デジタルシネマ (P3-DCI)

モーションピクチャやポストプロダクションのワークフローで P3 の劇場用色空間とデジタルシネマのホワイトポイントを使う場合は、このモードを使います。SMPTE RP 431-2:2011 で規定されている観視条件の整備を念頭に作られたモードです。

デジタルシネマ (P3-D65)

モーションピクチャやポストプロダクションのワークフローで P3 の劇場用色空間と D65 ホワイトポイントを使う場合は、このモードを使います。SMPTE RP 431-2:2011 で規定されている観視条件の整備を念頭に作られたモードです。 

デザインとプリント (P3-D50)

グラフィックデザイン、プリント、出版のワークフローには、このモードを使います。このモードでは、通常の sRGB ディスプレイよりも広い色域を再現するため、広色域 (P3) の原色を使います。D65 ではなく、D50 ホワイトポイントを使います。D50 は、ISO 3664:2009 規格や ISO 12646:2015 規格に従って印刷物 (プリント) を評価する際に一般的に使われています。

写真 (P3-D65)

一般的なデジタルフォトグラフィのワークフローでは、このモードを使います。広色域 (P3) の原色と、スクリーンを基準とした観賞用に一般的に使われる D65 ホワイトポイントを使ったモードです。適宜設定された観視条件の整備を念頭に作られています。 

インターネットとウェブ (sRGB)

Web やその他のインターネットベースの用途を目標としたコンテンツ作成ワークフローでは、このモードを使います。広くサポートされている sRGB (IEC 61966-2-1:1999) 色空間を W3C CSS Color Module Level 3 勧告に準じて使うモードです。適宜設定された観視条件の整備を念頭に作られています (64 ルクスを推奨)。


リファレンスモードに問題がある場合

AirPlay メニューに と表示される場合、Pro Display XDR は低電力モードになっていて、輝度が制限されている可能性があります。室温が 25° を上回り、ディスプレイが長い間 500 ニト以上で使われている場合に、この症状が現れることがあります。

ディスプレイをコンピュータから取り外して、5 〜 10 分待ってから、ディスプレイを接続し直して、様子を見てください。 

問題が解決しない場合や、室温が 25° を下回っている場合は、Apple にお問い合わせください。


関連情報

  • 今後リリースされるバージョンの macOS では、自分でリファレンスモードを作成できるようになります。
  • Apple Pro Display XDR の設定方法と使い方については、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Pro Display XDR のお手入れ方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: