Apple Watch Series 5 で常時表示機能を使う

Apple Watch Series 5 なら、手首を下ろしていても時間などの情報が表示されているので、一目で確認できます。

仕組み

Apple Watch Series 5 では、常時表示機能がデフォルトで有効になっています。このモードでは、時刻が常に表示され、文字盤や最近使った App も同様に表示され続けます。バッテリーを節約するため、手首を下げたときや、文字盤を手で覆うジェスチャをしたときは、画面が暗くなります。手首を上げたり画面をタップすると、画面が通常の明るさに戻ります。

手首を下げている間は、文字盤の時刻やコンプリケーションは 1 分おきに更新され、情報は以下のように表示されます。

  • 時刻のコンプリケーション (ストップウォッチやタイマーなど) は、1 分単位の情報表示になります。
  • ライブデータを表示するコンプリケーション (コンパスやノイズなど) は非アクティブになります。
  • その他のコンプリケーション (カレンダー、天気、他社製の App) は、1 分おき、または必要に応じて更新されます。

ワークアウト App は、運動中は表示され続けるので、ワークアウト情報を簡単に確認できます。

手首を下げているときは、文字盤に通知は表示されません。


常時表示の設定を管理する方法

常時表示の機能は設定画面でオフに切り替えることができます。オフにすると、バッテリーの節約になります。機密情報のコンプリケーションを非表示にすることもできます。

  1. Apple Watch で設定 App を開きます。Digital Crown を押してホーム画面を表示し、設定アイコン をタップしてください。
  2. 「画面表示と明るさ」をタップします。
  3. 「常にオン」をタップし、この機能のオン/オフを切り替えます。また、「機密コンプリケーションを表示」を選択すると、カレンダーのイベント、メッセージ、心拍数などの情報を手首を下げたときに非表示にしておけます。

公開日: