「Apple でサインイン」を使っている App を管理する

「Apple でサインイン」を使っている App の表示方法と管理方法をご案内します。

Apple ID を使っている App を表示する

Apple でサインイン」を使うと、この機能に対応した他社製の App や Web サイトに Apple ID でサインインできます。「Apple でサインイン」を使っている App のリストを表示し、各 App の設定を管理するには、デバイスで Apple ID の設定画面を開くか、Apple ID のアカウント管理ページにサインインしてください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 設定 App を開いて「[ユーザ名]」をタップします。
  2. 「パスワードとセキュリティ」をタップします。
  3. 「Apple ID を使用している App」をタップします。

Mac の場合

  1. Apple  メニューを選択し、「システム環境設定」をクリックします。
  2. 「Apple ID」をクリックし、「パスワードとセキュリティ」を選択します。
  3. 「編集」をクリックします。

Web サイトの場合

  1. Apple ID のアカウント管理ページにサインインします。
  2. 「セキュリティ」セクションで、「Apple ID を使用している App と Web サイト」を表示します。
  3. 「管理」を選択します。

App を管理する

Apple ID のアカウント設定で、「Apple でサインイン」を使っている App のリストを確認できます。App と当初から共有している情報を確認するには、リストで App を選択します。その App のプライバシーポリシーや利用規約へのリンクも表示されます。

App で個人用のメールアドレスを非公開にするオプションを選び、プライベートメールリレーサービスを利用している場合は、個人用のメールアドレスへのメール転送を無効にすることができます。また、App や Web サイトでの Apple ID の使用を停止することもできます。

メール転送を無効にする

特定のデベロッパから送られたメールが個人用の受信ボックスに届かないようにするには、「転送」をオフにし、「停止」を選択してください。メール転送を再び有効にしない限り、個人用の受信ボックスにメールが転送されなくなります。

転送先のアドレスを変更する

デベロッパに対して「メールを非公開」を選択している場合、そのデベロッパからのメッセージの転送先メールアドレスを変更できます。Apple ID アカウントに登録しているメールアドレスなら、どれでも選択できます。

  1. iPhone で、「設定」を開いて、「[ユーザ名]」をタップします。
  2. 「名前、電話番号、メール」をタップし、「メールを非公開」の下で「転送先」をタップします。
  3. メールの転送先にしたいアドレスを選択します。

メールアドレスを選択すると、「メールを非公開」を使っているすべての App とデベロッパから届くメールに適用されます。

App での Apple ID の使用を停止する

App で Apple ID を使うのをやめるには、「Apple ID の使用停止」を選択し、「使用停止」を選択します。

App で Apple ID を使うのをやめると、デバイスでその App からサインアウトします。その App や関連 Web サイトに次回訪れるときは、「Apple でサインイン」を選択して再びサインインするか、新しいアカウントを選択することができます。

「Apple でサインイン」をもう一度使うことにした場合、以前使っていたのと同じアカウントにサインインします。App によっては、既存のアカウント用に新しいパスワードを作成できるようにしていて、その場合は、Apple ID を使わなくても再びサインインできます。

一部のデベロッパでは、「Apple でサインイン」を使って、複数の App 用の統一アカウントを使える場合があります。その場合、そのうち 1 つの App でメール転送を無効にしたり、Apple ID の使用を停止したりすると、該当するデベロッパのすべての App に適用されます。

関連情報

  • 「Apple でサインイン」の仕組みについては、こちらの記事を参照してください。
  • 「Apple でサインイン」がメールアドレスのプライバシーを守る仕組みについては、こちらの記事を参照してください。
公開日: