iPhone で液体検出の警告が表示された場合

Lightning ケーブルやアクセサリを iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降に接続したときに、Lightning ポートに液体が入っていると iPhone が警告してくれます。

以下のいずれかの警告が表示された場合、iPhone で Lightning ポートや Lightning ケーブルまたは Lightning アクセサリの内部に液体が検知されています。iPhone やアクセサリを守るため、Lightning ポートやアクセサリが乾くまで、充電やアクセサリの接続はできません。

充電はできません:iPhone を充電器に接続した際に、液体が検出されると表示されます。

Lightning コネクタで液体が検出されました:iPhone の充電用ではないアクセサリを iPhone に接続した際に、液体が検出されると表示されます。
 

Lightning ポートが濡れている状態で iPhone を充電すると、Lightning ポートやケーブルのピンが腐食したり、損傷して使えなくなったり機能しなくなったりした挙句に、iPhone やアクセサリの接続不良といった問題につながります。

濡れている状態で iPhone を充電しないのは基本ですが、緊急時には必要に迫られる場合もあるでしょう。緊急の際には、iPhone を Lightning ケーブルやアクセサリに接続し直し、液体検出の警告を無視して iPhone を充電するという選択肢もあります。

ワイヤレス充電器をお持ちの場合は、そちらで iPhone を充電することもできます。万全を期すため、iPhone の背面が乾いていることを確認してから、Qi 対応の充電器の上に置いてください。iPhone のワイヤレス充電について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iPhone または Lightning アクセサリが濡れている場合

ケーブルやアクセサリをすべて取り外します。完全に乾くまでは、取り付けないでください。

iPhone は以下の手順で乾かしてください。

  1. iPhone を Lightning コネクタ部を下向きにして手のひらに載せ、優しくたたいて余分な水分を抜き取ります。風通しのよい乾いた場所で iPhone を自然乾燥させてください。 
  2. 30 分経ってから、Lightning ケーブルでの充電または Lightning アクセサリの接続を試します。
  3. 再び警告が表示される場合は、Lightning ポートの内側や Lightning ケーブルのピンの下にまだ液体が残っています。iPhone を風通しのよい乾いた場所に丸一日置いて自然乾燥させてください。その後、充電または Lightning アクセサリの接続をあらためて試してください。完全に乾かすには、最長で 24 時間かかる場合があります。

以下は禁止事項です。

  • 高温の熱源やエアダスターで iPhone を乾かさないでください。
  • 綿棒やペーパータオルなどの異物をケースの Lightning コネクタに挿入しないでください。
  • iPhone を米の袋に入れないでください。米の小さな粒子が原因で iPhone が損傷するおそれがあります。

iPhone や Lightning アクセサリが濡れていない場合

特定のケーブルやアクセサリを接続するたびにこの警告が表示される場合、そのケーブルやアクセサリが破損している可能性があります。メーカーにお問い合わせください。

Apple 製の Lightning ケーブルやアクセサリの接続時に毎回この警告が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

公開日: