iPhone、Mac、その他のデバイスで「探す」を設定する

iOS 13 以降、iPadOS、macOS Catalina では、「探す」App を使って、友達や家族がどこにいるかを調べたり、自分の居場所を知らせたり、なくしたデバイスを探したりできます。その使い方をご案内しましょう。

iOS 13、iPadOS、macOS Catalina では、「iPhone を探す」と「友達を探す」が 1 つになり、「探す」App として生まれ変わりました。この App が見つからない場合は、iPhone、iPad、iPod touch の検索機能または Mac の Spotlight を使って探してください。iCloud.com でも、自分の位置情報を知らせたり、なくしたデバイスを探したりできます。

iOS 13、iPadOS、macOS Catalina、または watchOS 6 をお使いでない場合は、「探す」の代わりに「iPhone を探す」「友達を探す」を使うか、iCloud.com にログインしてください。

iPhone、iPad、iPod touch で「探す」を使ってみる

友達や家族がどこにいるか、簡単に調べられます。自分の位置情報をほかの人と共有し、相手にも居場所を教えてもらいましょう。なくしたデバイスも探せます。「探す」App が全部やってくれます。

位置情報サービスを有効にする

  1. デバイスで Apple ID を使ってサインインします。
  2. 設定 App を開きます。
  3. 下にスクロールして「プライバシー」を選択します。
  4. 「位置情報サービス」を選択します。
  5. 「位置情報サービス」をオンにします。

「位置情報を共有」をオンにする

友達や家族に自分の居場所を知らせたい場合は、iPhone、iPad、または iPod touch で「位置情報を共有」をオンにしておきましょう。相手も位置情報を共有してくれていれば、こちらからも相手がどこにいるか確認できます。

  1. 設定 App を開いて、「[ユーザ名]」を選択します。
  2. 「探す」を選択します。
  3. 「位置情報を共有」をオンにします。

ファミリー共有を設定している場合は、位置情報を共有しているファミリー共有グループのメンバーの居場所がわかるようになります。

「位置情報を共有」をオンにしてから、「探す」を設定し、「探す」を使って位置情報を共有してください。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iOS 12 以前、macOS Mojave 以前、または watchOS 3 〜 5 を搭載したデバイスを使っている家族は、こちらの記事の手順にそって友達や家族と位置情報を共有し、こちらの記事の手順にそって「友達を探す」を設定し、使う必要があります。

「[デバイス] を探す」をオンにする

  1. 設定 App を開いて、「[ユーザ名]」を選択します。
  2. 「探す」を選択し、「[デバイス] を探す」を選択し、「[デバイス] を探す」をオンにします。
  3. デバイスがオフラインのときでも探せるようにするには、「"オフラインのデバイスを探す" を有効にする」をオンにします。
  4. デバイスのバッテリー残量が少なくなったときに、デバイスの位置情報を Apple に送信する場合は、「最後の位置情報を送信」をオンにします。

Apple WatchAirPods をデバイスとペアリングしている場合、「[デバイス] を探す」をオンにしたときに、それらのデバイスも自動的に設定されます。

地図の設定を選択する

「探す」App で使いたい地図表示を選択しておきましょう。地図上の距離をマイル表示にするかキロメートル表示にするかも選択できます。

地図表示を選択する

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 情報アイコン を選択します。
  3. 「地図表示」で、表示したい形式を選択します。「地図」「地図+写真」「航空写真」から選択できます。
     

地図の距離設定を選択する

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 情報アイコン を選択します。
  3. 「距離」で、「マイル表示」または「キロメートル表示」を選択します。
     

Mac で「探す」を使ってみる

友達や家族がどこにいるか、簡単に調べられます。自分の位置情報をほかの人と共有し、相手にも居場所を教えてもらいましょう。なくしたデバイスも探せます。「探す」App が全部やってくれます。

位置情報サービスを有効にする

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」タブをクリックします。 
  3. 左下に表示されている鍵のアイコンが施錠されている場合 は、鍵アイコンをクリックし、管理者の名前とパスワードを入力します。
  4. 「位置情報サービス」を選択します。
  5. 「位置情報サービスを有効にする」チェックボックスを選択します。 
  6. 「位置情報サービス」の下に表示される App のリストで、「探す」の横にあるチェックボックスを選択します。 

「Mac を探す」を有効にする

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「Apple ID」をクリックし、「iCloud」をクリックします。
  3. 「Mac を探す」のチェックボックスを選択してオンにします。 

「[デバイス] 探す」を有効にした後で、なくしたデバイスを「探す」を使って見つける方法については、こちらの記事を参照してください。

デバイスで iOS 12 以前または macOS Mojave 以前を使っている場合は、こちらの記事の手順にそって「iPhone を探す」を設定してください。

地図の設定を選択する

「探す」App で使いたい地図表示を選択しておきましょう。地図上の距離をマイル表示にするかキロメートル表示にするかも選択できます。

地図表示を選択する

  1. 「探す」App を開きます。
  2. メニューバーで「表示」を選択します。
  3. 「表示」をクリックし、「地図」「地図+写真」または「航空写真」を選択します。

地図の距離設定を選択する

  1. 「探す」App を開きます。
  2. メニューバーで「表示」を選択します。
  3. 「距離」をクリックし、「マイル表示」または「キロメートル表示」を選択します。

iOS 12 以前、macOS Mojave 以前をお使いの場合

  • デバイスで「iPhone を探す」を設定する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • 自分の位置情報を家族と共有する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • 「友達を探す」の設定方法や使い方については、こちらの記事を参照してください。
  • 「iPhone を探す」について詳しくは、こちらの記事を参照してください。
公開日: