iPhone、Mac、AirPods、その他のデバイスで「探す」を設定する

なくしたデバイスを探したり、友達や家族がどこにいるのか調べたり、自分の居場所を知らせたりするには、前もって「探す」を設定しておく必要があります。

「探す」アイコン

「探す」を設定しておけば、デバイスをなくしたり盗まれたりしても探し出せます。友達がデバイスをなくしても見つけてあげられます。また、友達や家族、その他の連絡先に自分の居場所を知らせたり、友達がいる場所への行き方を調べたりすることもできます。

iPhone、iPad、iPod touch で「探す」を有効にする方法

  1. iPhone、iPad、iPod touch で、設定 App を開きます。
  2. 自分の名前をタップします。
  3. 「探す」をタップします。
  4. 友達や家族に自分の居場所を知らせたい場合は、「位置情報を共有」を有効にしておきます。
  5. 「[デバイス] を探す」をタップし、「[デバイス] を探す」をオンにします。
  6. デバイスがオフラインのときでも探せるようにするには、「"探す" のネットワーク」をオンにします*。 
  7. デバイスのバッテリー残量が少なくなったときに、デバイスの位置情報を Apple に送信する場合は、「最後の位置情報を送信」をオンにします。

紛失したデバイスを地図上で探したい場合は、位置情報サービスを有効にしておきます。具体的には、「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」の順に選択し、「位置情報サービス」をオンにします。

*「"探す" のネットワーク」は、無数の Apple 製デバイスから成る匿名の暗号化されたネットワークで、デバイスの捜索に役立ちます。 

AirPods や Apple Watch を「探す」に追加する方法

AirPodsApple Watch を iPhone とペアリングしている場合、「iPhone を探す」を有効にした時点でそれらのデバイスも自動的に設定されます。

Mac で「探す」を有効にする方法

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」タブをクリックします。 
  3. 左下に表示されている鍵のアイコンが施錠されている場合 は、鍵アイコンをクリックし、管理者の名前とパスワードを入力します。
  4. 「位置情報サービス」を選択します。
  5. 「位置情報サービスを有効にする」チェックボックスを選択します。 
  6. 「システムサービス」の横の「詳細」をクリックします。
  7. 「Mac を探す」の横にあるチェックボックスが選択されていることを確認します。
  8. 「完了」をクリックし、システム環境設定のメインウインドウに戻ります。 
  9. 「Apple ID」をクリックし、「iCloud」をクリックします。
  10. 「Mac を探す」の横にあるチェックボックスを選択します。 
    Mac のシステム環境設定で「Mac を探す」チェックボックスが表示されているところ。

iOS 12 以前または macOS Mojave 以前をお使いの場合

iOS 13、iPadOS、macOS Catalina 以降では、「iPhone を探す」と「友達を探す」が 1 つになり、「探す」App として生まれ変わりました。iOS 13、iPadOS、macOS Catalina、または watchOS 6 以降をお使いでない場合は、以下の方法で対処してください。

公開日: