Mac でスクリーンタイムを使う

スクリーンタイムを使えば、すべてのデバイスについて使用状況を監視し、休止時間を設定し、使用制限を設けることができます。

MacBook Pro でシステム環境設定の「スクリーンタイム」パネルが開いているところ

スクリーンタイムを使えば、自分や子どもが App、Web サイトなどに、どの程度の時間を費やしているのかを把握できます。デバイスの使い方について判断する材料が増え、必要に応じて制限を設けることができます。


スクリーンタイムを有効にする

macOS Catalina 以降で以下の手順を実行してください。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「スクリーンタイム」をクリックします。 
  2. 左下隅の「オプション」をクリックします。
  3. 「オンにする」をクリックします。
  4. Apple ID で iCloud にサインインしているすべてのデバイスの使用状況を把握したい場合は、各 Mac で「デバイス間で共有」を選択しておきます。iPhone、iPad、iPod touch でも、それぞれで「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択し、同じ設定項目をオンにしてください。

ファミリー共有を使ってお子様のアカウントを管理している場合は、お子様の各デバイスでスクリーンタイムを有効にすることができます。または、以下の手順にそって、自分の Mac から設定できます。*

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ファミリー共有」をクリックします。
  2. サイドバーの「スクリーンタイム」をクリックし、右側のリストからお子様の名前を選択します。
  3. 「スクリーンタイムを開く」ボタンをクリックすると、システム環境設定の「スクリーンタイム」パネルに戻ります。
  4. 左上隅にあるメニューから、お子様の名前を選択します。
  5. 左下隅の「オプション」をクリックします。
  6. 「オンにする」をクリックします。

「スクリーンタイム・パスコードを使用」を選択するかどうかを決める前に、スクリーンタイムのパスコードについて理解しておいてください。


スクリーンタイムのパスコードを使う

パスコードを設定しておくと、自分だけがスクリーンタイムの設定を変更できるようになり、App 使用時間の制限が時間切れになったときも時間を延長できます。保護者はこの機能を使って、お子様に対してコンテンツ、通信/通話、プライバシーの制限を強制的に設定できます。

ファミリー共有を使ってお子様のアカウントを管理している場合は、以下の手順を実行してください*。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「スクリーンタイム」をクリックします。
  2. 左上隅にあるメニューから、お子様の名前を選択します。
  3. 左下隅の「オプション」をクリックします。
  4. 「スクリーンタイム・パスコードを使用」を選択し、入力画面にパスコードを入力します。
  5. 最新の macOS をお使いの場合は、万一スクリーンタイムのパスコードを忘れた場合にパスコードを復旧できるように、Apple ID を入力しておくよう案内する画面が表示されます。

ファミリー共有を使ってお子様のアカウントを管理していない場合は、以下の手順を実行してください。

  1. お子様が使っている Mac で、お子様が使っている通常アカウントにログインします。何をすべきかよくわからなくても、以下の手順にそって進んでください。スクリーンタイムが案内してくれます。
  2. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「スクリーンタイム」をクリックします。
  3. 休止時間」「App 使用制限の制限」「通信/通話」「コンテンツとプライバシー」で、お子様に課したい制限をすべて設定します。
  4. 左下隅の「オプション」をクリックします。
  5. 「スクリーンタイム・パスコードを使用」を選択し、入力画面にパスコードを入力します。
  6. 最新の macOS、iOS、または iPadOS をお使いの場合は、万一スクリーンタイムのパスコードを忘れた場合にパスコードを復旧できるように、Apple ID を入力しておくよう案内する画面が表示されます。

管理者アカウントにログインしているときにパスコードを設定すると、通常アカウントから設定する必要があるという通知が表示されます。お子様用の通常アカウントを設定していない場合は、設定してからそのアカウントにログインするか、以下のいずれかのオプションを選択してください。

  • このユーザにこのコンピュータの管理を許可:このオプションを選択すると、ログイン中のユーザが Mac の管理者であっても、そのユーザにパスコードが適用されます。管理者は macOS の権限を持っていて、パスコードの制限を回避できるため、このオプションは推奨されません。
  • このユーザにこのコンピュータの管理を許可せず、新しいユーザアカウントを作成:このオプションを選択した場合は、ユーザ構成を変更するため、アカウントのパスワードの入力を求められます。その後、案内される手順にそって、保護者が使うための新しい管理者アカウントを作成します。ログイン中の管理者アカウントは、お子様が使えるよう、通常アカウントに変換されます。

スクリーンタイムのパスコードを忘れた場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。


使用状況を把握する

「スクリーンタイム」のサイドバーにある「App 使用状況」「通知」「持ち上げ/再開」の各機能を使って、App や Web サイトを使っている時間を把握できます。

システム環境設定の「スクリーンタイム」の「App 使用状況」

どの機能でも、表示方法がいくつかあります。

  • お使いのデバイスのうち 1 台だけについて使用状況を見たい場合は、ウインドウの下部にあるメニューからデバイスを選択します。
  • 日にちを切り替えるには、週間グラフ内をクリックするか、グラフの上にある矢印ボタンを使います。1 週間の総使用量を調べるには、ウインドウの上部にある日付メニューから「今週」を選択します。前週と比較した使用時間の増減も表示されます。
  • お子様のアカウントの使用状況を確認するには、左上隅にあるメニューからお子様の名前を選択します。
      

「App 使用状況」のアイコン
App 使用状況

各 App の使用時間を確認できます。「カテゴリ」をクリックして、SNS (ソーシャルネットワーキング)、仕事効率化、エンターテインメントなどのカテゴリ別に使用状況を把握できます。App のカテゴリを調べるには、リスト中の App の上にポインタを置いたときに表示される情報アイコン をクリックします。または、App の使用制限アイコン をクリックし、その App やカテゴリに対して App の使用時間の制限をすばやく新規作成できます。
  

「通知」のアイコン
通知

各 App から届いた通知の数を確認できます。ここでも、ウインドウの下部にあるデバイスメニューを使って、Mac で受信した通知iPhone、iPad、iPod touch で受信した通知とを分けて確認できます。
  

「持ち上げ/再開」のアイコン
持ち上げ/再開

iPhone、iPad、iPod touch を持ち上げた回数や、デバイスを持ち上げた後真っ先にチェックした App を確認できます。


使用制限を設ける

「スクリーンタイム」のサイドバーにある「休止時間」「App 使用時間の制限」「通信/通話」「常に許可」「コンテンツとプライバシー」の各機能を使って、休止時間を設定したり、App や Web サイトに対して使用制限を設けることができます。ここで設定した制限は、その Mac 自体と、スクリーンタイムを使っていて、「デバイス間で共有」が有効になっているほかのすべてのデバイスに適用されます。

お子様のアカウントに制限を設けるには、左上隅のメニューからお子様の名前を選択してから、各機能を設定してください*。または、お子様の各デバイスで設定します。

「休止時間」のアイコン
休止時間

許可された App しか使えない時間帯を設定します。休止時間が始まる 5 分前に、休止時間の通知が表示されます。休止時間が始まったら、App には、その App の制限時間を超えたというメッセージが表示されます。 

  • 「OK」をクリックして App を閉じ、設定された制限を受け入れるか、「制限を無視」をクリックし、「あと 1 分」「15 分後に再通知」「今日は制限を無視」を選択します。 
  • スクリーンタイムのパスコードを設定してある場合は、「休止時間」に「休止時間中にブロック」という追加の設定項目が表示されます。この設定が選択されている場合は、休止時間が始まったときに「時間延長の許可を求める」をクリックして、パスコードを入力すれば、その App をあと 15 分、1 時間、または終日使うことができます。お子様のアカウントでは、「あと 1 分」を一度しかクリックできません。または、「時間延長の許可を求める」をクリックして、保護者のアカウントに承認を求めることができます。

「App 使用時間の制限」のアイコン
App 使用時間の制限

App を使えるようにする時間の長さを設定します。特定の App だけに制限を設けるか、App のカテゴリ全体に設けることができます。

システム環境設定の「スクリーンタイム」の「App 使用時間の制限」

App 使用時間の制限に関する通知は、制限に到達する (時間切れになる) 5 分前に表示されます。制限に到達すると、制限時間を超えたというメッセージが App に表示されます。 

  • 「OK」をクリックして App を閉じ、設定された制限を受け入れるか、「制限を無視」をクリックし、「あと 1 分」「15 分後に再通知」「今日は制限を無視」を選択します。 
  • スクリーンタイムのパスコードを設定してある場合は、「App 使用時間の制限」に「使用制限終了時にブロック」追加の設定項目が表示されます。この設定が選択されている場合は、使用制限に到達したときに「時間延長の許可を求める」をクリックして、パスコードを入力すれば、その App をあと 15 分、1 時間、または終日使うことができます。お子様のアカウントでは、「あと 1 分」を一度しかクリックできません。または、「時間延長の許可を求める」をクリックして、保護者のアカウントに承認を求めることができます。

「通信/通話」のアイコン
通信/通話

お子様が日中や休止時間中に、やりとりできる相手を管理します。これらの制限は、電話、FaceTime、メッセージ、iCloud の連絡先に適用されます。ご契約先の通信事業者で確認が取れている既知の緊急連絡先番号への通信/通話は常に許可されます。この機能を使うには、iCloud の環境設定で「連絡先」をオンにしておく必要があります。

システム環境設定の「スクリーンタイム」の「通信/通話」

「常に許可」のアイコン
常に許可

休止時間中でも、「すべての App およびカテゴリ」に対して App 使用時間の制限が設定されていても、特定の App を使えるように許可できます。電話、メッセージ、FaceTime、マップはデフォルトで常に許可されていますが、この画面でその設定を変更できます。

「コンテンツとプライバシー」のアイコン
コンテンツとプライバシー

コンテンツ、ストアでの購入、ダウンロードを制限し、プライバシー設定を管理できます。制限された項目のいずれかを使おうとすると、使えないことを説明するメッセージが表示されます。たとえば、ブロックされている Web サイトを訪れると、Web サイトはコンテンツフィルタでブロックされているというメッセージが表示されます。スクリーンタイムのパスコードを使っている場合は、このメッセージに「Web サイトを追加」というオプションが表示されます。このオプションをクリックしてパスコードを入力すれば、閲覧しようとしていた Web サイトを許可リストに追加できます。お子様のアカウントは、保護者のアカウントに承認を求めることができます。


スクリーンタイムのリクエストを承認する

「リクエスト」のアイコン
リクエスト

お子様のアカウントから承認を求められていて、まだ承認も却下もしていない場合は、「スクリーンタイム」のサイドバーに「リクエスト」と表示されます。この画面で、お子様からのリクエストを全部管理できます。リクエストを承認する場合は、15 分許可するか、1 時間許可するか、終日許可するかを選択します。または、「承認しない」をクリックします。

システム環境設定の「スクリーンタイム」の「リクエスト」

承認のリクエストは通知の形でも届くので、通知から直接承認できます。

macOS のデスクトップに届いたスクリーンタイムのリクエスト通知


関連情報

  • iPhone、iPad、iPod touch でスクリーンタイムを使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • 承認と購入のリクエスト」を使えば、子どもたちに選ぶ自由を与えながら、実際に購入するかどうかは保護者が決定できます。 
     

* iPhone を使って家族用の Apple Watch を設定した場合、その Apple Watch についてスクリーンタイムを設定または調整するには、iOS 14 または iPadOS 14 を搭載したデバイスが必要です。

公開日: