iPhone の純正バッテリーについて

すべての充電式バッテリーは消耗品で、その耐用年数 (寿命) には限りがあり、いずれは容量やパフォーマンスが低下して交換が必要になります。iPhone は高品質のリチウムイオンバッテリーを内蔵しています。これらは、Apple が認める品質とパフォーマンスの基準に照らして徹底的に設計、テスト、製造されています。Apple 純正のバッテリーは、安全性も認証済みです。

Apple 純正のバッテリーを使った熟練技術者による修理の重要性

iPhone のバッテリーを交換しなければならなくなった場合、Apple 認定の技術者に Apple 純正のバッテリーを使って修理してもらうことが重要です。リチウムイオンバッテリーは精密部品であり、細心の注意を払って製造、修理することが求められます。バッテリーの交換は、原則として、Apple の修理サービストレーニングを修了し、Apple 純正の部品やツールを使える技術者しか実施できません。この資格を持つサービスプロバイダは、Apple、Apple 正規サービスプロバイダ、Apple 純正の部品を使う独立修理サービスプロバイダです。iPhone のバッテリーを自分で交換するのはおやめください。トレーニングを受けていない技術者による交換は、安全と修理に関する適切な手続きに則って実施されない可能性があり、適切に交換または修理されない場合があります。その結果、バッテリーが損傷して過熱し、怪我につながるおそれもあります。

また、非純正バッテリー部品を使うサービスプロバイダに依頼した場合は、交換用として以下に該当するバッテリーが使われることがあります。

  • 設計上または製造上の不備がある
  • 中古品のバッテリー
  • 破損したバッテリー
  • iPhone のモデルに適合しないバッテリー

上記いずれの場合も、バッテリーの蓄電容量が足りない、正しく収まらない、パフォーマンスに問題が起きる、といった症状につながるおそれがあります。非純正のバッテリーを使うことで、取り付け後、デバイスのソフトウェアのアップデート後、または充電中に、予期しない症状が現れる場合もあります。また、安全面でも問題が生じるおそれがあります。

純正バッテリーは、iOS と連動して正常に機能するよう作られています。充電残量やバッテリーの状態を知らせる機能などが、その一例です。そのため、非純正のバッテリーを使って修理した場合、バッテリーの状態に関する情報は入手できなくなります。

バッテリーに関する重要なメッセージ

以下のメッセージが表示される場合、iPhone のバッテリーを検証できない状態です。また、バッテリーの状態情報を知らせる機能も利用できません。新品の純正バッテリー以外が取り付けられていることが原因として考えられます。このメッセージは、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR に適用されます。

この iPhone で正規の Apple 製バッテリーが使用されていることを確認できません。このバッテリーではバッテリーの状態の情報を利用できません。詳しい情報…

補足情報として「Apple により、このデバイスの情報がアップデートされました」と表示される場合もあります。これは、修理サービスの必要度、安全性の解析、今後の製品の改善を目的として、Apple が iPhone に関して保持しているデバイス情報が更新されたという意味です。

これらの通知が表示されても、iPhone やバッテリーを使えないというわけではありません。

デバイスの使い始めの 4 日間はロック画面に、設定 App には 15 日間、通知が表示されます。その後は、「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」で通知を確認できます。

修理サービスを受けるには

iPhone のバッテリー交換 (バッテリーサービス) が必要な場合は、Apple Store または Apple 正規サービスプロバイダに iPhone を直接お持ち込みいただくか (持ち込み修理)、または配送修理をご利用ください。保証対象外のバッテリー交換については、独立修理サービスプロバイダでも、トレーニングを受けた技術者が純正部品への交換を行っています。いずれのサービス拠点でも、Apple 純正のバッテリー部品を使います。

バッテリーサービスはこちらからお申し込みください。

公開日: