位置情報や日時の問題が起きた場合に iPhone や iPad のソフトウェアをアップデートする

2019 年 11 月 3 日現在、2012 年以前に発売された一部のモデルの iPhone や iPad で正確な GPS 位置情報を再び使えるようにするには、iOS のアップデートが必要です。これは、いわゆる GPS 週数ロールオーバーの問題によるもので、他社メーカーの GPS 搭載製品では 2019 年 4 月 6 日頃から影響が出始めています。一部の Apple 製品もこの影響を受けますが、影響が出始めるのは協定世界時 (UTC) の 2019 年 11 月 3 日 午前 0 時 (日本時間の 2019 年 11 月 3 日 午前 9 時) 以降です。

デバイスのソフトウェアをアップデートする

デバイスを新しいバージョンの iOS にアップデートしないと、モデルによっては正確な GPS 位置情報を維持できなくなる可能性があります。

お使いのデバイスの iOS のバージョンを確認する

iPhone や iPad をアップデートしたら、正常にアップデートされたかどうか以下の手順で確認できます。

  1. 設定 App を開きます。
  2. 「一般」をタップし、「情報」をタップします。
  3. 「システムバージョン」の横にある番号を確認します。

アップデート後のソフトウェアのバージョンは 10.3.4 または 9.3.6 になるはずです (お使いのデバイスによります)。お使いのデバイスのモデルがわからない場合は、iPhone のモデルの調べ方をこちらの記事、iPad のモデルの調べ方をこちらの記事でご確認ください。

アップデート後の iOS のバージョン デバイス
iOS 10.3.4 iPhone 5
iPad (第 4 世代) Wi-Fi + Cellular
iOS 9.3.6 iPhone 4s
iPad mini (第 1 世代) Wi-Fi + Cellular
iPad 2 Wi-Fi + Cellular (CDMA モデルのみ)
iPad (第 3 世代) Wi-Fi + Cellular

iPod touch や Wi-Fi 専用モデルの iPad はこの問題の影響を受けません。また、上記より新しいモデルの iOS デバイスにも影響はありません。

iPhone 5 をお使いのお客様への重要なお知らせ

iPhone 5 をお使いのお客様は、正確な GPS 位置情報を再び使えるようにし、正しい日時に基づいて機能する製品やサービス (App Store、iCloud、メール、Web ブラウザなど) を使えるようにするため、必ず iOS をアップデートする必要があります。 

2019 年 11 月 3 日までに iPhone 5 のアップデートを終えていない場合、ワイヤレス (OTA) でのソフトウェアアップデートや iCloud バックアップはすでに機能しなくなっているため、Mac や Windows パソコンを使ってバックアップおよび復元しなければアップデートできません。

関連情報

デバイスをアップデートしても問題が解決しない場合は、以下の記事を参照してください。

公開日: