iPhone や iPad のソフトウェアをアップデートして位置情報や日時の問題を回避する

2012 年以前に発売された一部のモデルの iPhone や iPad では、2019 年 11 月 3 日以降、GPS による正確な位置情報と正しい日時を維持するため、iOS アップデートの適用が必須となります。これは、GPS 時のロールオーバー問題の影響によるもので、他社メーカーの GPS 搭載製品では、2019 年 4 月 6 日 (米国時間) から影響が出始めています。Apple の一部の製品もこの影響を受けますが、影響が出始めるのは 2019 年 11 月 3 日以降です。

デバイスのソフトウェアをアップデートする

常に iPhone や iPad のオペレーティングシステムをこまめにアップデートしておくことをお勧めします。下記のデバイスをお使いの場合は特に、2019 年 11 月 3 日より前の段階で、GPS、日付、時刻がその後も正しく機能するようにデバイスのソフトウェアをアップデートしておいてください。

2019 年 11 月 3 日以前にデバイス用の新しいバージョンの iOS にアップデートしなかった場合、モデルによっては、GPS の正確な位置情報を維持できなくなることがあります。また、正確な日付情報を頼りに働く機能、たとえば、iCloud との同期やメールのフェッチなども、正常に働かなくなる場合があります。

デバイスの iOS のバージョンを確認する

iPhone や iPad をアップデートした後で、デバイスが正しくアップデートされたか確認できます。

  1. 設定 App を開きます。
  2. 「一般」をタップし、「情報」をタップします。
  3. 「ソフトウェアバージョン」の横にある番号を確認します。

アップデート後のソフトウェアのバージョン番号は、デバイスによって、10.3.4 または 9.3.6 になります。お使いのデバイスのモデルがわからない場合は、iPhone のモデルの調べ方をこちらの記事、iPad のモデルの調べ方をこちらの記事でご確認ください。

アップデート後の iOS のバージョン デバイス
iOS 10.3.4 iPhone 5
iPad (第 4 世代) Wi-Fi + Cellular
iOS 9.3.6 iPhone 4s
iPad mini (第 1 世代) Wi-Fi + Cellular
iPad 2 Wi-Fi + Cellular
iPad (第 3 世代) Wi-Fi + Cellular

iPod touch や、Wi-Fi 専用モデルの iPad は、この問題の影響を受けません。また、上記のモデルより新しい iOS デバイスにも影響はありません。

関連情報

デバイスをアップデートしても、問題が解決しない場合は、以下の記事を参照してください。

公開日: