複数の MIDI デバイスを Logic Pro X と同期する

Logic Pro 10.4.5 では、最大 16 の外部 MIDI デバイスに対し、MIDI クロック設定を個別に行えます。

Logic の MIDI 同期設定を使って、外部デバイスに MIDI 同期信号を送信し、Logic Pro をスタジオ内のマスター同期デバイスとして機能させることができます。MIDI クロック、MIDI タイムコード (MTC)、MIDI マシンコントロール (MMC) を各デバイスに個別に送信できます。デバイスごとにプラグインのディレイ補正を有効にし、各デバイスへの MIDI クロック信号を遅延させることもできます。

MIDI 同期の設定画面を開く

MIDI 同期の設定は、プロジェクトごとに保存されています。MIDI 同期設定の画面を開くには、プロジェクトを開いて、「ファイル」>「プロジェクト設定」>「同期」の順に選択し、「MIDI」タブをクリックします。

MIDI クロックで同期する

シンセサイザーや専用のシーケンサーなど、複数の外部 MIDI デバイスを Logic と同期するには、MIDI クロックを使います。MIDI クロックを使って、送信先として追加した MIDI デバイスごとに MIDI クロックのディレイを調整することで、デバイス間のタイミングの誤差を補正できます。 

  1. MIDI 同期の設定画面を開きます
  2. MIDI デバイスを追加して Logic と同期するには、「送信先」列のポップアップメニューをクリックし、デバイスまたはポートを選択します。デバイスが表示されない場合は、Mac に適切に接続しているか確認してください。
  3. デバイスの「クロック」チェックボックスを選択します。
  4. そのデバイスの MIDI クロックのディレイを調整するには、「ディレイ [ms]」フィールドの値をドラッグします。負の値にすると、MIDI クロック信号がより早く送信されることになり、正の値にすると、MIDI クロック信号の送信がより遅くなります。
  5. プロジェクトでプラグインを使っている場合は、デバイスの「PDC」チェックボックスを選択して、プラグインディレイの自動補正を有効にします。
  6. ほかの MIDI デバイスを追加し、各デバイスの MIDI クロックディレイ、PDC、その他のオプションを設定します。

MIDI クロックのモードと開始位置を設定する

送信先を追加してオプションを設定したら、プロジェクトの MIDI クロックモードを設定します。MIDI クロックモードによって、Logic で送信先に MIDI クロックを送信する方法や、そのタイミングが決まります。「クロックモード」ポップアップメニューから、ワークフローと、使っている MIDI デバイスに最適なモードを選択します。

  • 「パターン」モードは、開始コマンドをシーケンサーなどの外部デバイスに送信し、そのデバイスでパターンの再生を開始します。「クロックモード」ポップアップの下にある「クロック開始」の「パターン長 <小節数> 小節」フィールドに、パターンの小節数を入力する必要があります。
  • 「ソング - 再生開始および停止時に SPP/SPP/サイクルジャンプ時に続行」モードは、Logic の曲の先頭から再生を開始するときに、外部デバイスに開始コマンドを送信します。先頭から再生を開始しない場合は、ソング・ポジション・ポインタ (SPP) コマンドに続いて続行コマンドを送信し、外部デバイスでの再生を開始します。
  • 「ソング - 再生開始時およびサイクルジャンプ時に SPP」モードは、再生の開始時、およびサイクルモードが繰り返されるたびに SPP コマンドを送信します。
  • 「ソング - 再生開始時のみ SPP」モードは、最初の再生の開始時にのみ SPP コマンドを送信します。

MIDI クロックモードを設定したら、Logic の曲のどの位置で MIDI クロックの出力を開始するかを選択できます。「クロックモード」ポップアップの下にある「クロック開始」の「位置」フィールドで、位置 (小節、拍、ディビジョン、ティック) を選択します。

MTC で同期する

Logic をビデオや別のデジタル・オーディオ・ワークステーション (Pro Tools など) と同期する必要がある場合は、MTC を使います。Logic から別々の送信先に MTC を送信することもできます。送信先を設定し、その送信先の「MTC」チェックボックスを選択してから、「MIDI」の環境設定の「同期」パネルを開いて調整します。

Logic で MMC を使う

MMC を使って、MMC 対応の外部テープマシン (ADAT など) のトランスポート機能を制御できます。そうした設定では、Logic は通常、MMC を外部デバイスに送信し、同時に外部デバイスからの MTC タイムコードに同期するように設定されます。

外部マスターのトランスポート制御を使う場合は、MMC を使う必要はありません。MTC を使って外部デバイスに同期するように Logic を設定してください。MMC を使って、MMC スレーブデバイス上のトラックを録音可能状態にすることもできます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: