iOS 13 および macOS 10.15 における信頼済み証明書の要件

iOS 13 および macOS 10.15 では、TLS サーバ証明書に対するセキュリティ要件が新しくなります。詳しくご説明します。

iOS 13 および macOS 10.15 では、以下に紹介する新たなセキュリティ要件がすべての TLS サーバ証明書に課されます。

  • RSA 鍵を利用する TLS サーバ証明書および発行元の CA は、鍵長 2048 ビット以上の鍵を用いる必要がある。2048 ビット未満の鍵長の RSA 鍵を用いた証明書は、TLS 通信において信頼されなくなります。
  • TLS サーバ証明書および発行元の CA は、SHA-2 ファミリーのハッシュアルゴリズムを署名アルゴリズムに用いる必要がある。SHA-1 で署名された証明書は、TLS 通信では信頼されなくなります。
  • TLS サーバ証明書は、証明書の SAN (Subject Alternative Name) 拡張領域にサーバの DNS 名を記述する必要がある。証明書の CommonName の DNS 名は今後は信頼されなくなります。

さらに、2019 年 7 月 1 日以降に発行されるすべての TLS サーバ証明書 (発行日は証明書の NotBefore フィールドに明記)、以下のガイドラインに従う必要があります。

  • TLS サーバ証明書には ExtendedKeyUsage (EKU) 拡張領域を必ず含め、ここに id-kp-serverAuth OID を指定する必要がある。
  • TLS サーバ証明書の有効期間は 825 日以下である (証明書の NotBefore フィールドと NotAfter フィールドで明記)。

iOS 13 や macOS 10.15 では、上記の要件を満たさない TLS サーバには接続できなくなり、接続しようとすると、ネットワーク障害や、App が動かない、Safari に Web サイトが読み込まれないなどの症状につながる場合もあります。

公開日: