アクセシビリティイベントについて

アクセシビリティイベントは、macOS 10.14 以降および iOS 12 以降で使える実験的な Web の開発機能です。これを使うには、Safari の詳細設定で Accessibility Object Model 機能を有効にしておく必要があります。

アクセシビリティイベントの用途

新しいアクセシビリティイベント機能は、Web の開発者にとって、開発したカスタムコントロール (カスタムの Web スライダなど) を支援テクノロジーのユーザが利用できるようにするための手段です。そうしたアクションを VoiceOver やスイッチコントロールといった支援テクノロジーを通じて、またはキーボードなどの主流の入力デバイスを使って行えるようになりました。アクセシビリティイベントは、Accessibility Object Model (AOM) プロジェクトのサブ機能です。AOM は、新出の Web テクノロジーで、現在、W3C が Apple、Google、Mozilla Foundation と共同で開発を進めています。AOM は、iOS と macOS ではデフォルトで無効になっています。

アクセシビリティイベントを有効にする

「アクセシビリティイベント」コントロールはデフォルトでオンになっていますが、この機能は AOM の設定が有効になっている場合に限り働きます。AOM は開発者向けの機能で、デフォルトでは無効になっています。

Mac でアクセシビリティイベントを有効にするには、以下の手順を実行してください。

  1. 「Safari」>「環境設定」の順に選択します。
  2. 「詳細」をクリックし、「メニューバーに "開発" メニューを表示」を選択します。
  3. Safari のメニューバーから、「開発」>「実験的な機能」>「Accessibility Object Model」の順に選択します。
  4.  >「システム環境設定」>「アクセシビリティ」>「VoiceOver」>「VoiceOver ユーティリティ」>「Web」>「一般」>「アクセシビリティイベント」で、アクセシビリティイベントが有効になっていることを確かめます。

Mac では、スイッチコントロールは、VoiceOver ユーティリティの「アクセシビリティイベント」設定に基づいて働きます。

iPhone、iPad、iPod touch でアクセシビリティイベントを有効にするには、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「Safari」>「詳細」>「Experimental Features」の順に選択します。
  2. 「Accessibility Object Model」をタップしてオンにします。
  3. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」の順にタップし、VoiceOver とスイッチコントロールで「アクセシビリティイベント」がオンになっているか確かめます。VoiceOver については、「VoiceOver」>「Web サイト」>「アクセシビリティイベント」の順にタップします。または、スイッチコントロールについては、「スイッチコントロール」>「Web サイト」>「アクセシビリティイベント」の順にタップします。

プライバシー

Apple は、アクセシビリティとプライバシーに全力で取り組んでいます。アクセシビリティイベント機能を使っても、Web サイト側が、個人がスクリーンリーダーやその他の特定の支援テクノロジーを使っているかどうかを具体的に照会したり、ユーザの能力や障がいに関する情報を提供したりできるようになるわけではありません。ただし、Web の開発者が、デバイス上で支援テクノロジーが有効になっていることを把握できる可能性はあります (その支援テクノロジーに対応した Web サイトを開発するため)。

公開日: