Logic Pro X のプラグインの動的な読み込みについて

Logic Pro X 10.4.5 では、プロジェクトの再生に必要なプラグインやソフトウェア音源だけが読み込まれるので、プロジェクトをすばやく開けるようになります。

プラグインを動的に読み込むことで、プラグインやソフトウェア音源を多用したプロジェクトをすばやく開けるようになります。プロジェクトを開くと、Logic がそのプロジェクトを解析し、再生に必要なトラックだけを有効にします。Logic でプロジェクトを開いたときに、以下の種類のトラックが有効になります。

  • オーディオリージョンが入っているオーディオトラック (フリーズしたトラックは除外)
  • MIDI リージョンが入っているソフトウェア音源トラック (フリーズしたトラックは除外)
  • 入力モニタリングが有効になっているトラック
  • 入力不要でサウンドを生成するプラグイン (Test Oscillator など) を使ったトラック
  • 外部入力または ReWire 入力を使うトラック

再生に必要のないプラグインやソフトウェア音源を使ったトラックは無効になり、ミキサーではグレイ表示になります。

無効なトラックを選択すると、そのトラックのプラグインが読み込まれます。無効なリージョンにトラックを追加する、フリーズしたトラックのフリーズを解除する、無効なトラックにプラグインを追加するなどの操作を行った場合にも、無効なトラックのプラグインが読み込まれます。

トラックを手動で無効または有効にする

トラックを手動で無効にして、システムリソースを節約できます。「option」キーを押しながら、メインウインドウのトラックヘッダにあるオン/オフボタン をクリックしてください。トラックヘッダにオン/オフボタン が表示されない場合は、「トラック」>「トラックヘッダを設定」の順に選択し、「オン/オフ」を選択します。

オーディオリージョンを使ったトラックを無効にすると、そのトラックのオーディオリージョンも無効になります。プロジェクトを閉じてから開き直した場合も、手動で有効にするまでは、トラック全体が無効なままになります。

チャンネルを手動で有効にするには、メインウインドウでトラックヘッダのオン/オフボタン をクリックします。ミキサーでは、空のオーディオ・エフェクト・スロットをクリックし、「チャンネルを有効にする」を選択します。

プラグインの動的な読み込みを無効にする

この設定は、プロジェクトごとに無効に切り替えることができます。

  1. プロジェクトを開きます。
  2. 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「一般」の順に選択し、「プロジェクトの再生に必要なプラグインのみを読み込む」の選択を解除します。
公開日: