別の iPhone、iPad、iPod touch に Clips プロジェクトに送信する

AirDrop を使って Clips プロジェクトを別のデバイスに送信する方法をご案内します。

AirDrop を使えば、iPhone で Clips プロジェクトを作り始め、別の iOS デバイスで仕上げることができます。または、プロジェクトを友達に送って、友達に自由に編集してもらえます。プロジェクトのコピーを Mac に送り、ファイルを保管しておくこともできます。

Clips プロジェクトを送信するのは、Clips ビデオを共有するのとは違います。

始める前に

  • App Store を使って最新バージョンの Clips にアップデートします。
  • 送信先のデバイスが近くにあり、Bluetooth や Wi-Fi の通信範囲に入っていることを確認します。
  • 送信先のデバイスが AirDrop でコンテンツを受信するように設定されていることを確認します。
  • 共有後に見つけやすい名前をプロジェクトに付けておきましょう。Clips プロジェクトブラウザのボタン をタップします。プロジェクトをタップし、詳細ボタン をタップしてから「名称変更」をタップします。プロジェクトに新しい名前を付けて「保存」をタップしてください。

Clips プロジェクトを別のデバイスに送信する方法

  1. Clips を開いて、プロジェクトブラウザのボタン をタップします。
  2. 共有したいプロジェクトをタップし、共有ボタン をタップします。
  3. 「プロジェクトを書き出す」をタップします。プロジェクトで使われている写真とビデオがすべて 1 つの編集可能なファイルにまとめられます。
  4. 共有シートの上部にある AirDrop セクションで送信先を選択します。お使いのほかの iOS デバイス、友達のデバイス、Mac に送信できます。Clips プロジェクトは、送信先をタップするとすぐに送信されます。

2 台目の iOS デバイスで Clips プロジェクトを受信すると、Clips App でそのプロジェクトが開きます。Mac に送った Clips プロジェクトは、「ダウンロード」フォルダに保存されます。

送信できない場合やプロジェクトが開かない場合

AirDrop で Clips プロジェクトを送信できない場合は、以下の手順で対処してください。

  • 両方の iOS デバイスで最新バージョンの Clips を使っていることを確認してください。
  • 見つからないアイテムがあるためプロジェクトを送信できない場合は、写真 App の「最近削除した項目」フォルダを調べてください。行方不明のアイテムが見つかった場合は選択し、「復元」をタップまたはクリックします。見つからなかったファイルが自動的に Clips に読み込まれるので、その後で、再び送信できるか試してください。

関連情報

iPhone、iPad、iPod touch で Clips を使ってビデオを作成および共有する方法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: