Pages 書類内を簡単に移動する

Pages の目次ビューを使えば、書類の中を簡単に移動し、ページに目次を追加できます。

目次ビューを使って書類の中を移動できるようにする場合は、必ず段落スタイルを使います。そうしておけば、目次に表示したいスタイルを選択して、目次ビューをカスタマイズできます。書類内のページに目次を追加することもできます。さらに、EPUB や PDF 形式で書き出す場合、ブックや PDF にも目次を表示できます。

段落スタイルを使う

目次ビューに表示される項目は、Pages 書類で使われている段落スタイルに基づいて決まります。目次ビューに表示したいテキストに段落スタイルを適用してください。たとえば、チャプタタイトルを目次に表示したい場合は、書類の中の各チャプタタイトルに同じ段落スタイルを適用しておきます。

  1. 目次ビューに表示したいテキストを選択します。
  2. ツールバーの「フォーマット」ボタン をタップまたはクリックします。ページレイアウト書類の場合は、「フォーマット」サイドバーの上部にある「テキスト」タブをタップまたはクリックします。
  3. 「フォーマット」サイドバーの上部近くで、段落スタイル名を選択します。
  4. 「段落スタイル」メニューからスタイル (「本文」スタイルなど) を選択します。
  5. 目次ビューに表示したいすべてのテキストに段落スタイルを適用します。

Pages の各テンプレートには、それぞれプリセットの段落スタイルがあります。プリセットの段落スタイルの見た目を変更したい場合は、段落スタイルを自分で作成するか、既存の段落スタイルをアップデートすることができます。


目次ビューを開く

iPad またはオンライン (iCloud.com) では、ツールバーの「目次ビュー」ボタン をタップまたはクリックします。

Mac では、ツールバーの「表示」ボタン をクリックし、「目次」をクリックします。

iPhone では、ナビゲータをオンにします。

  1. 「詳細」ボタン をタップし、「ナビゲータ」をオンにして、「完了」をタップします。キーボードが開いている場合は、「完了」をタップして閉じます。
  2. 画面の下部にあるページ番号をタップし、表示されるウインドウの「目次」をタップします。


目次ビューの項目をカスタマイズする

段落スタイルを適用したら、目次ビューの項目をカスタマイズできます。

  1. 目次ビューを開きます。
  2. 「編集」をタップまたはクリックし、目次に表示する段落スタイルを選択します。たとえば、ブック内の各チャプタタイトルに「見出し」スタイルを適用してある場合、「見出し」スタイルを選択すると、それらのチャプタタイトルが目次に表示されるようになります。
  3. 目次内の段落スタイルのインデントレベルを調整するには、選択した段落スタイルの横にあるインデントボタン をタップまたはクリックします。
  4. 「完了」をタップまたはクリックします。 

選択した段落スタイルを書類の中の新しいテキストに適用すると、目次が自動的に更新され、それらも新たに表示されるようになります。


目次ビューを使って移動する

目次ビューの項目をタップまたはクリックすると、書類内のその部分にジャンプします。書類内のテキストから同じ書類のほかの部分へのリンクを作成することもできます。


書類のページに目次を追加する

目次を追加し、書類内のページに表示する方法は、以下の通りです*。

  1. 目次ビューを開きます。
  2. 書類の本文中で目次を表示したい位置をタップまたはクリックし、「目次を挿入」をタップまたはクリックします。

* 書類の本文に目次を追加しなくても、EPUB や PDF に目次を表示できます。


目次付きの EPUB ブックを公開する/書き出す

Pages を使って Apple Books にブックを公開する場合や、EPUB ブックを作成する場合、大半の EPUB リーダー App では目次が表示されます。たとえば、iPhone、iPad、Mac のブック App では、ツールバーの目次ボタン をクリックすれば目次が表示され、その見え方は Pages 書類で目次ビューに表示される場合とほぼ同じです。項目を選択すると、ブック内の該当する部分にジャンプします。


目次付きの PDF を作成する

Pages 書類を PDF に変換すると、目次は自動的に PDF のナビゲーションパネルに表示されます。たとえば、Mac のプレビュー App では、「表示」>「目次」の順に選択すると、サイドバーに目次が表示されます。項目をクリックすると、PDF 内の該当する部分にジャンプします。

公開日: