写真 App でライブラリを 1 つにまとめる

Mac で別々のフォトライブラリに入っている写真やビデオを 1 つのライブラリにまとめる方法をご紹介します。

複数のフォトライブラリを一本化するには、写真を送る側のライブラリを開いて、残しておきたい写真やビデオを書き出します。今度は、受け取る側のライブラリ (メインライブラリとして使いたいもの) を開いて、書き出した写真やビデオを読み込みます。

フォトライブラリを選択する

Mac や、接続している外付けドライブ上に複数のフォトライブラリがある場合は、以下の方法でそのうちの 1 つを開きます。

  1. 「option」キーを押しながら写真 App を開きます。
  2. 開きたいライブラリを選択し、「ライブラリを選択」をクリックします。

同じ手順で別のライブラリを開くまでは、写真 App では、ここで選択したライブラリが使われます。

送り元となるライブラリから写真やビデオを書き出す

写真を送る側のライブラリを開いて、ファイルを未編集のオリジナルのまま書き出すか、編集済みのバージョンを書き出すかを決めます。

編集済みのバージョンを書き出した場合、編集処理を維持したまま読み込めます。編集をやり直す必要がないというのがメリットですが、読み込んだ先のライブラリでは、編集後のファイルがオリジナルになります。つまり、読み込む前の、いちばん古いバージョンには戻せなくなります。

未編集のオリジナルを書き出した場合、書き出し元のライブラリで加えた編集処理は一切反映されません。後で編集する際の自由度は高まりますが、編集を一からやり直すので、かなりの負担になる場合があります。

編集後のバージョンを書き出す方法

  1. 写真 App で、書き出したい写真やビデオを選択します。複数のアイテムを選択するには、「command」キーを押しながらそれぞれクリックしていきます。複数のまとまったアイテムを順番に選択するには、最初のアイテムをクリックしてから、「shift」キーを押しながら最後のアイテムをクリックします。最初と最後にクリックした 2 つの間にあるアイテムがすべて選択されます。
  2. 「ファイル」>「書き出す」>「[数] 枚の写真を書き出す」の順に選択します。
  3. 書き出しダイアログが表示されます。
    • 「写真」セクションで、「写真の種類」を「JPEG」「TIFF」または「PNG」に設定します。JPEG は写真を再圧縮するので、場合によっては、ファイルサイズが小さくなります。TIFF ファイルと PNG ファイルはもっと再現度が高いので、ファイルサイズは大きくなりがちです。
    • 「ビデオ」セクションで、「ムービーの品質」設定を選択します。このセクションは、選択したアイテムの中にビデオが入っている場合にだけ表示されます。
    • 「情報」セクションで、書き出したファイルにメタデータや位置情報のデータを残しておきたい場合は、該当するチェックボックスを選択します。
    • 「ファイルの命名規則」セクションで、「ファイル名」を「ファイル名を使用」に設定し、「サブフォルダのフォーマット」を「モーメント名」または「なし」に設定します。「モーメント名」では、選択したアイテムに収められているモーメントごとに 1 つずつサブフォルダが作成されます。読み込み先のライブラリでモーメントごとにアルバムを作成したい場合に役立ちます。「なし」を選択した場合は、すべてのファイルが指定先のフォルダに直接書き出されます。
  4. 「書き出す」をクリックします。Finder のダイアログが表示されます。
  5. デスクトップや外付けのドライブなど、ファイルを保存したい場所に移動します。書き出したアイテムを入れるフォルダを新たに作成する場合は、「新規フォルダ」をクリックします。
  6. 「書き出す」をクリックします。

未編集のオリジナルを書き出す方法

  1. 写真 App で、書き出したい写真やビデオを選択します。複数のアイテムを選択するには、「command」キーを押しながらそれぞれクリックしていきます。複数のまとまったアイテムを順番に選択するには、最初のアイテムをクリックしてから、「shift」キーを押しながら最後のアイテムをクリックします。最初と最後にクリックした 2 つの間にあるアイテムがすべて選択されます。
  2. 「ファイル」>「書き出す」>「未編集のオリジナルを書き出す」の順に選択します。
  3. 書き出しダイアログが表示されます。
    • 写真に IPTC メタデータ (タイトルやキーワードなど) が入っていて、それらも一緒に書き出したい場合は、「IPTC を XMP として書き出す」チェックボックスを選択します。
    • 「ファイル名」設定は「ファイル名を使用」のままにしておきます。
    • 「サブフォルダのフォーマット」の横で、「モーメント名」または「なし」を選択します。「モーメント名」では、選択したアイテムに収められているモーメントごとに 1 つずつサブフォルダが作成されます。読み込み先のライブラリでモーメントごとにアルバムを作成したい場合に役立ちます。「なし」を選択した場合は、すべてのファイルが指定先のフォルダに直接書き出されます。
  4. 「書き出す」をクリックします。Finder のダイアログが表示されます。
  5. デスクトップや外付けのドライブなど、ファイルを保存したい場所に移動します。書き出したアイテムを入れるフォルダを新たに作成する場合は、「新規フォルダ」をクリックします。
  6. 「オリジナルを書き出す」をクリックします。

受け取る側のライブラリに写真やビデオを読み込む方法

写真を受け取る側のライブラリを開いて、書き出したアイテムが入っているフォルダを、ほかの写真やビデオが表示されているメインの領域にドラッグします。ポインタに緑色のプラス記号が表示されたら、フォルダをドロップできます。フォルダに入っている写真やビデオは、撮影日や撮影場所に応じてモーメントに振り分けられます。

アイテムを書き出す際にサブフォルダを作成してあり、それらのサブフォルダごとにアルバムを作成したい場合は、以下の手順を実行してください。

  1. Finder で、サブフォルダを 1 つ開きます。
  2. サブフォルダ内の写真やビデオをすべて選択します。
  3. 選択したアイテムを写真 App のサイドバーの「マイアルバム」の上にドラッグします。
  4. テキストボックスがサイドバーに表示されるので、ハイライトされている文字の上からアルバム名を上書き入力します。
  5. サブフォルダごとに同じ手順を繰り返します。

書き出し元のライブラリを削除して容量を節約する

残しておきたい写真やビデオをすべて元のライブラリから書き出したことが確かなら、そのライブラリを削除すれば、Mac のディスク領域を節約できます。

まず、Finder を開いて、削除したい書き出し元のライブラリを探します。デフォルトでは、フォトライブラリは「ピクチャ」フォルダに保存されています。ライブラリが見つからない場合は、ライブラリの選択手順を実行してください。選択されているライブラリの場所へのパスが、「ライブラリを選択」ウインドウに表示されます。

次に、書き出し元のライブラリをゴミ箱に移動します。移動したら、「Finder」>「ゴミ箱を空にする」の順に選択し、ファイルを完全に削除します。

公開日: