ユニバーサルクリップボードを使って Apple デバイス間でコピーアンドペーストする

ユニバーサルクリップボードを使えば、手元の Apple デバイスでテキスト、画像、写真、ビデオをコピーして、別の Apple デバイスにペーストできます。

iPhone で画像が開いて「コピー」オプションが表示されていて、隣にある MacBook で、同じ画像が挿入された Pages 書類が開いているところ。

ユニバーサルクリップボードを設定する

ユニバーサルクリップボードは、連係機能のシステム条件を満たした Mac、iPhone、iPad、iPod touch で使えます。正常に働くのは、デバイス同士が近くにあり、それぞれ以下のように設定されている場合です。

  • 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
  • 各デバイスで Bluetooth がオンになっている。
  • 各デバイスで Wi-Fi がオンになっている。
  • 各デバイスで Handoff がオンになっている。

各デバイスで Handoff を有効にする方法は、以下の通りです。

  • Mac:Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「一般」をクリックします。「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」を選択します。
  • iPhone、iPad、iPod touch:「設定」>「一般」>「Handoff」の順に選択し、「Handoff」をオンにします。


ユニバーサルクリップボードを使う

  1. 1 台のデバイスで、テキスト、画像、その他のコンテンツを通常通りにコピーします。
    ユニバーサルクリップボードを使って、2 台の Mac でファイルを丸ごとコピーすることもできます。両方の Mac に macOS High Sierra 以降がインストールされている必要があります。
  2. コピーしたコンテンツが自動的に、近くにあるもう 1 台のデバイスのクリップボードに追加されます。しばらくの間だけ、または、いずれかのデバイスでほかのデータがコピーされるまでの間は、そこに残っています。 
  3. 2 台目のデバイスで、通常通りにコンテンツをペーストします。

 

関連情報

Apple 製デバイスの連係機能について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

公開日: