管理対象デバイスのスクリーンタイムのパスコードについて

管理対象デバイスでスクリーンタイムを無効にする方法をご案内します。

この記事は、システム管理者を対象としています。

iOS 12.2 以降を搭載した管理対象のデバイスでスクリーンタイムのパスコードが設定されている場合は、「機能制限用パスコードを消去」コマンドを使って、スクリーンタイムのパスコードを削除できます。その場合、パスコードは削除されますが、スクリーンタイムは引き続き有効です。設定済みの制限はそのまま適用されます。

公開日: