macOS Mojave 以降のインストール後にオーディオを録音できなくなった場合

Mac に macOS Mojave 以降をインストールした後で、Logic Pro X、MainStage、GarageBand、Final Cut Pro X、他社製のオーディオ App やビデオ App などでオーディオを録音できなくなる場合があります。

macOS Mojave 以降をインストールした後で録音しようとした際に、オーディオ入力にアクセスできないというメッセージが表示される場合があります。また、音声が聞こえない、波形が表示されない、録音中にオーディオメーターが動かない場合もあります。オーディオを録音するには、App からオーディオ入力にアクセスできるようにします。

  1. オーディオの録音に使っている App を閉じます。
  2. Mac で、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」をクリックします。
  3. 「マイク」をクリックします。
  4. App の横にあるチェックボックスを選択し、Mac の内蔵マイク、外付けの USB マイク、または、外付けオーディオインターフェイスの入力へのアクセスを許可します。
  5. App を開いて、オーディオをもう一度録音してみます。 

外付けのマイクや外付けのオーディオインターフェイスで録音していて、依然としてうまくいかない場合は、デバイスのメーカーにお問い合わせの上、ソフトウェアアップデートの有無と互換性の情報についてご確認ください。


Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: