Boot Camp アシスタントでパーティションを作成できなかったというメッセージが表示される場合

Boot Camp アシスタントで、ディスクに Windows 用のパーティションを作成中にエラーが起きたというメッセージが表示されることがあります。

Windows パーティションを作成中に、Boot Camp アシスタントで「ディスクにパーティションを作成できませんでした。ディスクのパーティション作成中にエラーが起きました。ディスクユーティリティ内の First Aid を実行してエラーを確認し、修正してください」という警告が表示されることがあります。

ディスクユーティリティを使ってエラーをチェックする

  1. 最新の macOS アップデートがインストールされているか確認します。 
  2. Mac を再起動し、「command + R」キーを長押しして macOS 復元から起動します。
  3. 「macOS ユーティリティ」ウインドウからディスクユーティリティを開きます。
  4. ディスクユーティリティのメニューバーから「表示」>「すべてのデバイスを表示」の順に選択します。ディスクユーティリティのサイドバーに、内蔵ディスクについて、以下のような詳細情報が表示されるはずです。
    • ディスクの名前 (「Apple SSD」など)。
    • そのディスクのコンテナの名前 (「コンテナ disk1」など。ディスクにコンテナがない場合もあります)。
    • コンテナまたはボリューム内の 1 つまたは複数のボリュームの名前 (「Macintosh HD」など)。
  5. ボリュームの名前 (「Macintosh HD」など) を選択します。
  6. ツールバーの「First Aid」をクリックします。ディスクのロックを解除するためパスワードの入力を求められたら、管理者のパスワードを入力します。
  7. 「実行」をクリックすると、ボリュームのエラーチェックが開始します。終わったら、コンテナまたはディスク内のほかのボリュームも同様にチェックします。
    「First Aid」ボタンをクリックした後の「ディスクユーティリティ」ウインドウ
  8. コンテナが表示されている場合は、そのコンテナの名前を選択してから First Aid を使い、コンテナもチェックします。
  9. ディスクの名前 (「Apple SSD」など) を選択し、First Aid を使ってディスクもチェックします。
  10. Mac を再起動します。

 


ディスクユーティリティでエラーが検出されない場合やエラーをすべて修復した場合

  1. もう一度 Boot Camp アシスタントを使って Windows をインストールしてみます。
  2. それでも Boot Camp アシスタントでパーティションを作成できないというエラーが表示される場合は、以下の手順に進みます。

未割り当ての空き領域がないか調べる

  1. ディスクユーティリティを開きます (「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  2. ディスクユーティリティのサイドバーで、内蔵ディスク、コンテナ、またはボリュームの名前 (「Macintosh HD」など) を選択します。
  3. ツールバーの「パーティション作成」をクリックします。
  4. Apple File System の領域共有に関するメッセージが表示される場合は、ボリュームを追加するのではなくパーティションが必要であるという確認作業として、「パーティション作成」をクリックします。
  5. 円グラフに「空き領域」というセクションが表示される場合は、そのセクションをクリックして選択します。右側の「パーティション情報」にも「空き領域」と表示されます。
    「パーティション作成」ボタンをクリックした後の「ディスクユーティリティ」ウインドウ
  6. 円グラフの「空き領域」セクションを選択した後で、グラフの下にある削除 (-) ボタンをクリックします。この未割り当ての空き領域を削除すると、その空き領域を再利用できるようになります。「適用」をクリックし、ディスクユーティリティを終了します。
  7. もう一度 Boot Camp アシスタントを使って Windows をインストールしてみます。
  8. それでも Boot Camp アシスタントでパーティションを作成できないという同様のエラーが表示される場合は、以下の手順に進みます。

一時的に Time Machine を無効にする

macOS Mojave または High SierraTime Machine を使っている場合は、macOS Catalina 10.5 以降にアップグレードするか、または以下の手順を実行してください。

  1. メニューバーの Time Machine メニュー から Time Machine の環境設定を開きます。または、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「Time Machine」をクリックします。
  2. 「バックアップを自動作成」の選択を解除し、Time Machine を無効にします。 
  3. 数分待ってから、あらためて Boot Camp アシスタントを使って Windows をインストールしてみます。
  4. インストールが終わったら、Time Machine を再び有効に戻すことができます。

 


ディスクユーティリティで修復不能なエラーが見つかった場合

 


関連情報

Boot Camp アシスタントが反応しなくなる場合や Boot Camp をインストールできないというメッセージが表示される場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: