Final Cut Pro X および Motion でコミックフィルタを使う

Final Cut Pro X 10.4.4 および Motion 5.4.2 では、プロジェクトの写真やビデオを色付きまたは白黒のコミックブックのような手書き風イラストに変換できます。

Final Cut Pro X でコミックエフェクトを使う

Final Cut Pro では、6 つの異なるコミックエフェクトプリセットの中から選択し、タイムラインのクリップに適用できます。

  1. 「エフェクト」ブラウザを開くには、「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「エフェクト」の順に選択します (または「command + 5」キーを押します)。
  2. 「エフェクト」ブラウザの「ビデオ」カテゴリで、「コミック外観」をクリックします。
  3. タイムラインのクリップでコミックエフェクトをプレビューするには、「エフェクト」ブラウザでコミックエフェクトのサムネールをスキミングします。
  4. エフェクトをタイムラインのクリップにドラッグします。

コミックエフェクトをタイムラインのクリップに追加した後で、そのエフェクトを調整できます。

  1. タイムラインでコミックエフェクトを適用したクリップを選択します。
  2. 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」の順に選択して (または「command + 4」キーを押して) ビデオインスペクタのボタン をクリックし、ビデオインスペクタを表示します。
  3. インスペクタでエフェクトを選択し、その設定を調整します。エフェクトを色付きにするか白黒にするかや、線の幅 (「インクのエッジ」)、エフェクトとクリップの全体的な混合率などの設定を調整できます。

Motion でコミックフィルタを使う

コミックフィルタを追加して、インスペクタやヘッドアップディスプレイ (HUD) で調整できます。

  1. 「ウインドウ」>「ライブラリ」の順に選択します (または「command + 2」キーを押します)。
  2. ライブラリで「フィルタ」をクリックし、「スタイライズ」をクリックします。
  3. コミックフィルタを「ライブラリ」スタックから「レイヤー」リスト、タイムライン、またはキャンバス内のレイヤーまたはグループにドラッグします。
  4. コミックフィルタを選択した状態で、インスペクタをクリックして、コミックフィルタのパラメータを編集します。または、 をクリックして、HUD でパラメータを編集します。

公開日: