Compressor でトランスコードプロパティを自動設定する

古いコーデックについて、Compressor で MXF または QuickTime フォーマットにトランスコードするときに、ビデオやオーディオのプロパティをソースメディアに基づいて自動設定できるようになりました。

Compressor ではこれまでも、コーデックリストの下のセクションからアニメーション、Apple ProRes、H.264、HEVC などのコーデックを選択した際に、ほとんどの新しいフォーマットについて、ビデオやオーディオのプロパティが自動的に設定されていました。

今回、MXF または QuickTime フォーマットを扱う場合に、コーデックリストの上部のセクションから AVC-Intra、DVCProHD、HDV などの古いコーデックを選択したときも、ビデオのプロパティを自動的に設定できるようになりました。Compressor で QuickTime フォーマットを使ってオーディオファイルをトランスコードする場合、オーディオプロパティを自動的に設定できます。 

Compressor がソースメディアを分析し、最適なビデオとオーディオのプロパティを設定してくれます。コーデックを選択する際に、インスペクタの「ビデオのプロパティ」と「オーディオのプロパティ」のポップアップメニューには「自動」と表示されます。フレームサイズやフレームレートなどのプロパティを変更すると、その他のプロパティも、変更内容に対応するように自動的に更新されます。

公開日: