Final Cut Pro X でワークフロー機能拡張を使う

機能性に優れた他社製の App を Final Cut Pro のインターフェイスに直接統合して使い、ワークフローを拡張できます。

他社のデベロッパが作成したワークフロー機能拡張を使って、Final Cut Pro の機能を拡張できます。Final Cut Pro では、他社製のアプリケーションを Final Cut Pro インターフェイスの中で直接扱うことができます。ワークフロー機能拡張には、コラボレーション (Frame.io など)、ストックメディア (Shutterstock など)、トランスクリプションやキャプション作成 (Simon Says など)、アセット管理 (CatDV など) のツールがあります。利用できるワークフロー機能拡張について詳しくは、こちらを参照してください。

メーカーの説明にそって機能拡張をインストールしたら、Final Cut Pro でツールバーの左側にある機能拡張ボタン 機能拡張ボタン をクリックして、その機能拡張にアクセスできるようになります。インストールした機能拡張が 1 つの場合は、その機能拡張のウインドウが表示されます。複数の機能拡張をインストールした場合は、表示されるメニューから、使いたい機能拡張を選択してください。機能拡張ボタンをもう一度クリックすると、ウインドウが閉じます。 

機能拡張の詳しい使い方については、機能拡張に付属している説明書を参照してください。テクニカルサポートについては、機能拡張のデベロッパにお問い合わせください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: