ACiT 2018 iOS サービス認定試験 (iOS-18A) のトピック

ACiT 2018 iOS サービス認定試験 (iOS-18A) について、および出題が見込まれるセクションとトピックについてご案内します。

試験の内容

ACiT 2018 iOS サービス認定試験 (iOS-18A) は、Pearson VUE がオンラインで実施しているコンピュータベースの知識試験です。受験中に資料を自由に参照してかまいません。Apple の資料や ATLAS のコースを参考にして、設問に回答してください。

Apple Certified iOS Technician (ACiT) 2018 の認定を受けるには、この試験 (iOS-18A) と Apple Service Fundamentals 試験 (SVC-18A) に合格する必要があります。 

iOS サービス認定試験を受ける前に、Apple Service Fundamentals Exam に合格しておく必要があります。

試験の概要

  • セクション数:2
  • 学習目標の数:19
  • 総項目数:70
  • 合格点:全体の 80% (70 項目中 56 項目正答で合格)
  • 試験時間:2 時間

試験の冒頭に、受験者に関する質問が 7 項目あります。これらは採点対象外です。回答に要した時間は、2 時間の制限時間には含まれません。

セクションとトピック

ACiT 2018 iOS サービス認定試験で出題されるセクションとトピックは以下の通りです。

トラブルシューティング (38 項目)

  • 特定のシナリオのトラブルシューティングで使用される診断ツールについて説明する。
  • 切り分けられた問題をハードウェア (過失や事故による損傷を含む)、ソフトウェア、環境的要因、教育の機会のいずれかに分類する。
  • iOS の設定およびアクティベーションプロセスの手順を理解する。
  • バッテリーに関連した問題に対する一般的な解決策を挙げる。
  • メールボックス管理の基本的な操作方法を確認する。
  • iOS の機能と内蔵 App について説明する。
  • iPhone の一般設定とアクセシビリティ設定をパーソナライズおよびカスタマイズする方法を説明する。
  • App に設定可能なプライバシー設定について説明する。

iPhone の修理サービス (32 項目)

  • iPhone モデルを適切かつ安全に修理するために必要な物理的な器具やオンラインリソースを把握する。
  • iPhone の修理中にケガや事故を防ぐために必要な器具について認識する。
  • すべての iPhone モデルの修理で共通して使用するツールを認識する。
  • iPhone 5s の修理に必要な、適切な専用ツール、固定具、手順を確認する。
  • iPhone 5c の修理に必要な、適切な専用ツール、固定具、手順を確認する。
  • iPhone 6 と iPhone 6 Plus の修理に必要な、適切な専用ツール、固定具、手順を確認する。
  • iPhone 6s と iPhone 6s Plus の修理に必要な、適切な専用ツール、固定具、手順を確認する。
  • iPhone SE の修理に必要な、適切な専用ツール、固定具、手順を確認する。
  • iPhone 7 と iPhone 7 Plus の修理に必要な、適切な専用ツール、固定具、手順を確認する。
  • iPhone 8 と iPhone 8 Plus の修理に必要な、適切な専用ツール、固定具、手順を確認する。
  • iPhone X の修理サービスに必要な、正しい専用ツール、固定具、手順を認識する。

ATLAS のコース

ACiT 2018 iOS サービス認定試験の受験に備えて、ATLAS の ACiT 2018 分野のコースを復習してください。

公開日: