macOS 用 iMovie のレガシーメディアについて

今後の macOS のリリースに備えるため、レガシーメディアを使った iMovie プロジェクトは完成させておきましょう。

レガシーメディアファイルは macOS Mojave では扱うことができますが、今後リリースされる macOS では使えなくなる見込みです。レガシーメディアとは、たとえば、Flip Video カメラなどのカメラで撮影したフッテージ、GoPro カメラで CineForm フォーマットで撮影されたフッテージ、ソフトウェアで作成された DivX フォーマットのビデオファイル、その他多くの旧型カメラで撮影されたフッテージ、旧型のソフトウェアで編集されたファイルなどです。

Mac で macOS Mojave を実行しているうちに、この記事の手順にそって、iMovie のライブラリをバックアップし、レガシーメディアを使ったプロジェクトを完成させ、アップデートしておいてください。

作成したメディアを今後リリースされる macOS でも使えるように、iMovie 対応のカメラをご利用ください。

iMovie ライブラリをバックアップする

プロジェクトを完成させる前に、iMovie ライブラリをバックアップしておきましょう。iMovie のライブラリは、APFS や MacOS 拡張 (ジャーナリング) でフォーマットした USB ドライブ、FireWire ドライブ、Thunderbolt ドライブなど、外付けのストレージデバイスに保管できます。1 SD カード、USB フラッシュドライブ、ネットワークで共有しているドライブ、Time Machine バックアップで使われている外付けのドライブやその他のディスクといった外付けのストレージデバイスには、iMovie ライブラリを保管しないでください。

  1. すべての外部メディアがライブラリの中に収められるように、ライブラリのメディアを統合しておきます。
  2. Dock で Finder アイコンをクリックし、画面の上部にあるメニューバーから「移動」>「ホーム」の順に選択します。
  3. 「ムービー」フォルダを開いて、「iMovie ライブラリ」と「iMovie Theater」という名前のファイルを外付けのハードドライブにドラッグします。2

1 macOS 10.13 以降を使うボリュームでは、APFS フォーマットを推奨します。

2 多くの場合、ライブラリは 1 つで、「ムービー」フォルダに入っています。しかし、ライブラリが複数ある場合や、Mac の別の場所に移動している場合も考えられます。iMovie のライブラリをすべて探し、バックアップしておいてください。

レガシーメディアを使った iMovie プロジェクトを仕上げる

ライブラリをバックアップした後、レガシーメディアを使った iMovie プロジェクトがある場合は編集して完成させ、QuickTime ムービーとして書き出しておきましょう。 

  1. 「プロジェクト」表示を開くには、「ウインドウ」>「プロジェクトへ移動」の順に選択するか、「2」キーを押します。
  2. 書き出したいプロジェクトを選択し、共有ボタン をクリックしてから「ファイル」を選択します。
  3. 「解像度」ポップアップメニューをクリックし、最高の解像度設定を選択します。
  4. 「品質」ポップアップメニューをクリックし、「高」を選択します。
  5. 「圧縮」ポップアップメニューをクリックし、「品質優先」を選択します。
  6. サムネールの下で、ファイルサイズの予想値を確認します。書き出した QuickTime ムービーのバックアップに使う外付けドライブに、その分量以上の空き容量が必要です。
  7. 「次へ」をクリックします。
  8. 「名前」フィールドにプロジェクトの名前を入力し、ファイルの保存先を指定してから「保存」をクリックします。 
  9. QuickTime ムービーをバックアップするには、外付けのドライブにコピーします。 

書き出したプロジェクトをアップデートする

すでに QuickTime ムービーとして書き出したプロジェクトをアップデートしたくなったら、新しいプロジェクトを作成し、QuickTime ムービーを読み込んでから、オリジナルのクリップの先頭または末尾に新しいクリップを追加します。タイムラインで、読み込んだ QuickTime ファイルの上にカットアウェイエフェクトを追加し、新しいクリップでセクションを置き換える (更新する) こともできます。書き出した QuickTime ムービーに完全に新しいセクションを追加するには、クリップを分割して、その間に新しいクリップを追加します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: