Mac のセキュリティ設定が変更されたため Apple Pay が無効になった場合

カードを Mac の Apple Pay で使えない、またはカードを Wallet に追加できないというメッセージが表示された場合は、以下の手順で対処してください。

所定のセキュリティ設定が変更された場合や、お支払い情報を安全に守る機能を損なう他社製のソフトウェアやマルウェアが検出された場合、Mac の Apple Pay は無効になります。

「安全な起動」の設定を確認する

Mac で Apple Pay を使うには、最高レベルの起動セキュリティが必要です。「安全な起動」の設定を下げた場合は、起動セキュリティユーティリティを使って「完全なセキュリティ」に引き上げてから、Mac を再起動してください。

最新のソフトウェアアップデートを確認する

最強のセキュリティを実現するため、Mac に最新の macOS をインストールし、「ソフトウェア・アップデート」を使って最新の状態を維持してください。

重要なセキュリティアップデートはいつでもすぐに入手できるように、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」パネルで「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」設定を有効にしておきましょう。

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「ソフトウェアアップデート」をクリックします。
  2. 「詳細」ボタンをクリックします。
  3. 「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」を選択します。

セキュリティアップデートは、悪意のあるソフトウェアを見極め、そのインストールを防いで、Mac のセキュリティ強化に貢献します。また、悪意のあるソフトウェアがすでにインストールされていることが検知された場合は、Mac の再起動後に削除してくれます。

提供されているソフトウェアップデートをすべてインストールし、Mac を再起動した後も、Apple Pay の同様の警告が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせの上、ご相談ください。

公開日: