Final Cut Pro X のレガシーメディアについて

今後リリースされるバージョンの macOS に備えるため、Final Cut Pro X および Motion のプロジェクトでレガシーメディアが使われていないか確認しておきましょう。

今後予定されている macOS の 32 ビットから 64 ビットテクノロジへの完全移行の一環として、Final Cut Pro や Motion で、macOS Mojave より後にリリースされる新しいバージョンの macOS ではサポート対象外になるレガシーメディアファイルについて、警告が表示される場合があります。

これらのレガシーメディアファイルは通常、QuickTime 7 をベースとしたフォーマットやコーデックを使って作成されています。QuickTime 7 は古いバージョンの QuickTime で、macOS Mojave には互換性維持の名目で付属しています。しかし、macOS Mojave より後の macOS バージョンでは QuickTime 7 フレームワークが採用されなくなるため、Final Cut Pro や Motion でレガシーメディアファイルを引き続き使うためには、それらのファイルを前もって見つけ出し、変換しておく必要があります。

2019 年前半にリリース予定の新しいバージョンの Final Cut Pro には、レガシーメディアファイルを探して変換する機能が組み込まれることになっています。

現時点で新たに作成するメディアを確実に macOS Mojave より後のバージョンの macOS でも使えるように、Final Cut Pro でサポートされているカメラメディアフォーマット、Motion でサポートされているメディアフォーマットをお使いください。

macOS Mojave より後のバージョンの macOS でサポートされるフォーマット

ビデオ、オーディオ、静止画像、コンテナの以下のフォーマットは、QuickTime 7 フレームワークに左右されないため、macOS Mojave より後の macOS バージョンの Final Cut Pro や Motion でも使うことができます。

ビデオフォーマット

  • Apple アニメーションコーデック
  • Apple Intermediate Codec
  • Apple ProRes
  • Apple ProRes RAW
  • AVCHD (AVCCAM、AVCHD Lite、NXCAM など)
  • AVC-ULTRA (AVC-LongG、AVC-Intra Class 50/100/200/4:4:4、AVC-Intra LT など)
  • Canon Cinema RAW Light*
  • DV (DVCAM、DVCPRO、DVCPRO50 など)
  • DVCPRO HD
  • H.264
  • HDV
  • HEVC (H.265)
  • iFrame
  • Motion JPEG (OpenDML のみ)
  • MPEG-4 SP
  • MPEG IMX (D-10)
  • REDCODE RAW*
  • 非圧縮 8 ビット 4:2:2
  • 非圧縮 10 ビット 4:2:2
  • 非圧縮 10 ビット "R10k"
  • XAVC (XAVC-S など)
  • XDCAM HD/EX/HD422
  • XF-AVC

オーディオフォーマット

  • AAC
  • AIFF
  • BWF
  • CAF
  • MP3
  • MP4
  • RF64
  • WAV

静止画フォーマット

  • BMP
  • GIF
  • HEIF
  • JPEG
  • PNG
  • PSD
  • RAW
  • TGA
  • TIFF

コンテナフォーマット

  • 3GP
  • AVI
  • MOV (QuickTime)
  • MP4
  • MTS/M2TS
  • MXF

 

* これらのフォーマットは Final Cut Pro でサポートされますが、カメラのメーカーが提供する補足ソフトウェアが必要です。

64 ビットテクノロジへの移行の影響を受けるレガシーメディアフォーマット

macOS Mojave 以前のバージョンの macOS では、他社製のソフトウェアが QuickTime 7 フレームワークを拡張することで、多くのレガシーメディアフォーマットに対応していました。macOS Mojave より後のバージョンの macOS では、QuickTime 7 フレームワークが採用されなくなるため、Final Cut Pro や Motion でレガシーフォーマットがサポートされなくなります。

デベロッパによっては、自社開発の App にサポートを直接組み込む形で、こうしたレガシーフォーマットの一部に引き続き対応できるようにする場合があります。他社製の App でサポートされるメディアフォーマットについて詳しくは、他社製 App のデベロッパにお問い合わせください。

今回の移行による影響を受けるメディアフォーマットの例を以下に紹介します。

  • 3ivx MPEG-4
  • AV1/VP9
  • AVC0 Media AVA0 Media
  • Avid DNxHD/DNxHR
  • Avid DV/DV100/JFIF/Motion JPEG
  • Avid Meridien/1:1x/Packed/RGBPacked
  • BitJazz SheerVideo
  • CineForm
  • Cinepak
  • DivX
  • Flash Video
  • FlashPix
  • FLC
  • GlueTools コーデック (Cineon/DPX、Phantom Cine、ARRIRAW、非圧縮 RGB 用)
  • H.261
  • Implode
  • Indeo Video 5.1
  • Intel Video 4:3
  • JPEG 2000
  • Microsoft Video 1
  • Motion JPEG A
  • Motion JPEG B
  • On2 VP3、VP5、VP6、VP6-E、VP6-S、VP7、VP8、VP9
  • Perian コーデックコレクション (Microsoft MPEG-4、DivX、3ivx、VP6、VP3 など)
  • Pixlet
  • Planar RGB
  • RealVideo
  • REDCODE QuickTime Decoder (.mov)
  • SGI
  • Sony HDCAM-SR (SStP)
  • Sorenson 3
  • Sorenson Spark
  • Sorenson Video/Video 3/YUV9
  • Streambox ACT-L2
  • Windows Media Video 7、8、9
  • Xiph.org の Theora Video
  • ZyGoVideo

Final Cut Pro でレガシーメディアを確認する

Final Cut Pro ライブラリを開いたときに、レガシーメディアが見つかったことを知らせる警告が表示される場合があります。Final Cut Pro にメディアを読み込む際や、Final Cut Pro ライブラリをアップデートする際に、そのライブラリにレガシーメディアファイルが入っている場合は、それらのファイルのリストが表示されます。

Final Cut Pro を使って、ライブラリ内のクリップのコーデックを手動で調べることができます。

  1. ブラウザがリスト表示になっていない場合は、ブラウザの右上隅にある 「リスト表示」ボタン をクリックするか、「表示」>「ブラウザ」>「フィルムストリップ表示/リスト表示を切り替え」の順に選択します。
  2. ブラウザで「control」キーを押しながら列見出しをクリックし、リストから「コーデック」を選択します。
  3. ブラウザを左右にスクロールして「コーデック」列を表示します。
  4. クリップをコーデック別に並べ替えるには、「コーデック」列見出しをクリックします。

Final Cut Pro でレガシーメディアファイルを変換する

Mac を macOS Mojave より後の次期メジャーバージョンの macOS にアップデートする準備作業を始めるまでは、特に何もする必要はありません。

2019 年前半にリリース予定の Final Cut Pro のアップデートに、QuickTime 7 フレームワークを使うレガシーメディアを探し、変換する機能が盛り込まれる予定です。それまでにできることは、レガシーメディアを含む Final Cut Pro プロジェクトの編集を終わらせて、完成したプロジェクトのマスターファイルを Apple ProRes フォーマットで書き出す作業です。

Final Cut Pro で最適化されたメディアを作成してある場合は、オリジナルファイルのコピーが Apple ProRes 422 フォーマットで作成されます。オリジナルファイルは Final Cut Pro ライブラリか、または「ファイルをそのままにする」設定を使って Final Cut Pro に読み込んだ場合は当初読み込んだ場所に、そのまま残ります。

最適化されたメディアは ProRes フォーマットなので、今後リリース予定の macOS でもサポートされます。最適化されたメディアを作成した後でライブラリを統合またはアーカイブする場合は、最適化したメディアを必ず対象に含めるようにしてください。最適化されたメディアは削除しないでください。

Compressor でレガシーメディアを変換する

メディアファイルを Compressor を使ってトランスコードし、Apple ProRes などのサポート対象のフォーマットに変換できます。Apple ProRes は、画質を維持しつつ、Final Cut Pro での編集時も高いパフォーマンスを発揮します。

QuickTime Player でレガシーメディアを変換する

個々のレガシーメディアファイルを QuickTime Player (バージョン 10.0 以降) で開いて、新しい名前を付けてそのコピーを保存する方法でも、変換できます。macOS Mojave より後のバージョンの macOS では、この方法はサポートされなくなります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: