MainStage で MIDI コントローラトランスフォームを扱う

複数のコントローラトランスフォームを 1 つのチャンネルストリップに設定できます。

MainStage では、一部の MIDI コントローラメッセージの値を再マップして、コントローラからの入力値がチャンネルストリップで別の出力値を生成するように設定できます。その後、入力値から出力値に変換されるときの値のスケールを変更できます。複数のトランスフォームを 1 つのチャンネルストリップに割り当てることができます。

コントローラトランスフォームを追加する

ピッチベンド、チャンネルプレッシャー、MIDI CC (Continuous Controller) メッセージの入力値を変換できます。たとえば、コントローラからの MIDI 音量値をエクスプレッション値に変換してチャンネルストリップに送ったり、入力ブレス値をモジュレーション値に変換して送ったりすることができます。

  1. MainStage で、「編集」をクリックするか、「command + 2」キーを押して、「編集」ウインドウを開きます。
  2. 「チャンネルストリップ」領域で、音源または外部 MIDI チャンネルストリップを選択します。
  3. チャンネル・ストリップ・インスペクタで、「MIDI 入力」をクリックします。コントローラトランスフォームが用意されているパッチもあります。
  4. 新しいトランスフォームを追加するには、チャンネル・ストリップ・インスペクタの下部にある をクリックします。リストで既存の入力メッセージタイプを選択して、編集することもできます。
  5. 「入力コントローラ」列で、変更したい入力メッセージタイプをリストでクリックし、ポップアップメニューから入力メッセージタイプを選択します。
  6. 「出力コントローラ」列で、対応する出力メッセージタイプをクリックし、ポップアップメニューから出力メッセージタイプを選択します。選択できる出力メッセージタイプは、選択した入力メッセージタイプによって異なります。

別のコントローラトランスフォームをチャンネルストリップに追加するには、チャンネル・ストリップ・インスペクタの下部にある をクリックします。

トランスフォームを編集する

コントローラトランスフォームを追加した後で、グラフを使って編集できます。「入力コントローラ」と「出力コントローラ」のリストの「トランスフォーム」列で、編集したいトランスフォームのアイコンをダブルクリックします。「トランスフォーム」ウインドウで、上部にあるプリセットトランスフォームをクリックします。または、グラフをクリックして点を作成し、ドラッグして独自のカーブを作成します。 

カーブはいつでもリセットしたり反転させたりすることができます。 

カーブをコピーし、別のトランスフォームにペーストすることもできます。

公開日: