Logic Pro X および MainStage の Vintage EQ について

Logic Pro X および MainStage には、クラシックな EQ モジュールをベースとした 3 つの Vintage EQ プラグインがあります。

Vintage Tube EQ、Vintage Graphic EQ、Vintage Console EQ プラグインは、1950 年代、1960 年代、1970 年代のビンテージ EQ をモデルとしていて、オリジナルユニットの個性豊かな音色を再現します。Vintage EQ を使えば、オーディオトラックの音色に個性が生み出せます。

3 つの Vintage EQ プラグインには、共通する出力コントロールが一揃いあります。各プラグイン独自の EQ コントロールもそれぞれ一式揃っています。

EQ の出力コントロールを調整する

Vintage EQ プラグインの出力ステージをほかの Vintage EQ プラグインと組み合わせることができます。プラグインの「Output Model」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択するか、出力ステージをオフにしてください。 

独特の音色やサチュレーションを加えるには、「Drive」ノブを調節します。プラグインの全体的な出力レベルを変更するには、「Volume」フィールドを縦方向にドラッグします。

オリジナルのハードウェア EQ では、周波数をブーストしたりカットしたりすることで、信号の位相シフトが生じます。Vintage EQ プラグインでは、こうした位相シフトをどう扱うかを選択できます。「Phase」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択してください。

  • オリジナル EQ のブースト/カットの位相シフトをシミュレートする場合は、「Natural」を選択します。「Linear」に設定した場合よりも、レイテンシを小さく抑えることができます。
  • 位相シフトを生じさせない場合は、「Linear」を選択します。大幅にブースト/カットする場合はこの設定を使ってください。
     

Vintage Console EQ プラグインを調整する

Vintage Console EQ プラグインは、特徴ある音色で知られる有名なミキシング・コンソール・チャンネルの EQ セクションをエミュレートします。パッシブの 3 次ローカット (ハイパス) フィルタ、切り替えのできる 2 つの EQ 帯域、12 kHz に固定された高周波数帯が特徴です。

各帯域を切り替えたり、ローカットのオン/オフを切り替えるには、各帯域の上にあるボタンをクリックします。EQ セクションのオン/オフを切り替えるには、「In」ボタンをクリックします。EQ セクションをオフにした場合、出力セクションはアクティブなままです。
 

Vintage Graphic EQ プラグインを調整する

Vintage Graphic EQ プラグインは、クラシックなミキシング・コンソールのグラフィック EQ モジュールをエミュレートします。それぞれの EQ 帯域で、Proportional Q を使って 12 dB のカット/ブーストが可能です。周波数をブースト/カットするほど、フィルタが狭くなります。

  • 周波数を調整するには、スライダをドラッグします。 
  • すべてのスライダの周波数の拡大/縮小率を変更するには、「Tune」フィールドでドラッグします。周波数は一定の比率で拡大/縮小されます。これを使って、プロジェクトのキーとなる帯域を調整できます。  
  • プラグイン全体のオン/オフを切り替えるには、「In」ボタンをクリックします。

Vintage Tube EQ プラグインを調整する

Vintage Tube EQ プラグインは、組み合わされることの多い 2 つのクラシックな EQ をエミュレートします。セクションが 2 つあります。上部のセクションは、バルブ式のアナログ EQ をエミュレートします。「In」スイッチでセクションのオン/オフを切り替えたかどうかに関係なく、一定のレベルが保たれます。下部のセクションは、上部のセクションにはない中域を追加します。 

上部のセクションで、3 つの EQ 帯域を調整できます。

  • 低周波数を設定するには、「Low Freq」ノブを調整します。その周波数をブーストするには、「Low Boost」ノブを調整します。その周波数をカットするには、「Low Atten」ノブを調整します。
  • 高周波数をブーストするには、「High Freq」スイッチで周波数を設定し、「High Bandwidth」ノブでブーストやカットの帯域幅を設定してから、「High Boost」を調整します。
  • 高周波数をカットするには、「High Atten Sel」ノブで周波数を設定し、「High Atten」ノブを調整します。

下部のセクションでは、中域の周波数を微調整できます。

  • 低中域の周波数をブーストするには、「Low Freq」ノブで周波数を設定してから、「Low Peak」ノブを調整します。
  • 低中域の周波数をカットするには、「Dip Freq」スイッチで周波数を設定してから、「Dip」ノブを調整します。
  • 高中域の周波数をブーストするには、「High Freq」スイッチで周波数を設定してから、「High Peak」ノブを調整します。
     

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: